《ミラー・レディバグ/Mirror Ladybug》

効果モンスター
星1/光属性/昆虫族/攻 100/守 100
自分フィールド上に表側表示でモンスターが1体以上存在し、
自分の墓地にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚に成功した時、
このカードのレベルはこのカード以外の自分フィールド上に
存在するモンスターのレベルを合計したレベルになる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードのレベルが12を超えた場合、
このカードを破壊する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した光属性昆虫族下級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果、その方法で特殊召喚した場合にレベルを変化させる誘発効果自壊する永続効果を持つ。

 召喚権を使わずに特殊召喚できる上、どのレベルモンスターともエクシーズ召喚が可能という、高いエクシーズ素材適性を持つ。
 しかし、墓地モンスターが存在すると自己特殊召喚レベル変動もできなくなり、ただのレベルモンスターになってしまう。
 まともに活用できるのはほぼ1ターン目のみであり、その後デュエル中のほとんどの期間はバニラ同然である。
 墓地モンスターが落ちにくい【ペンデュラム召喚】【次元ビートダウン】でさえ、リスクが大きすぎて採用するのは難しい。

 特殊召喚時に墓地を空にする《究極封印神エクゾディオス》とは相性がよく、召喚条件を容易に満たしつつランク10のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。
 同様にランク10のエクシーズ素材になる《時械神メタイオン》《メタル・リフレクト・スライム》もまた墓地モンスターを溜め込みにくく、特化したデッキを組めばこのカード腐る場面を減らせるだろう。
 もっとも特化し過ぎると墓地モンスターが落ちず《究極封印神エクゾディオス》特殊召喚しにくくなってしまう。
 その他、《妖精伝姫−シラユキ》も相性はよく、墓地モンスター除外して自己再生し、特殊召喚条件を満たせる。

関連カード

−てんとう虫のカード《死の4つ星てんとう虫》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚するのは種別のない効果召喚ルール効果)、レベルが上がるのは誘発効果自壊するのは永続効果です。(10/07/18)

Q:特殊召喚チェーンブロックを作りますか?
A:作りません。(10/07/19)

Q:自壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(10/07/18)

Q:このカードが他のカードの効果によってレベル12を超えた場合でも破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(10/07/18)

Q:《アンデット・スカル・デーモン》アンデット族を指定した《DNA改造手術》が存在する時、レベルが12を越えたこのカード破壊されますか?
A:破壊されません。フィールド上に《アンデット・スカル・デーモン》が存在しなくなった時に破壊されます。(10/10/07)

Q:自分フィールド上にエクシーズモンスターのみがいて、自分墓地モンスターが存在しない場合、《ミラー・レディバグ》を手札から特殊召喚する事はできますか?
  また出来る場合、《ミラー・レディバグ》のレベルはどうなりますか?
A:自分フィールド上にエクシーズモンスターのみが存在する場合でも、《ミラー・レディバグ》を手札から特殊召喚する事ができます。
  なお、《ミラー・レディバグ》のレベルは1のままとなります。(11/07/15)


Tag: 《ミラー・レディバグ》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 昆虫族 攻100 守100

広告