《メタモルポット/Morphing Jar》

リバース・効果モンスター(制限カード)
星2/地属性/岩石族/攻 700/守 600
(1):このカードがリバースした場合に発動する。
お互いの手札を全て捨てる。
その後、お互いはデッキから5枚ドローする。

 BOOSTER5で登場した地属性岩石族下級リバースモンスター
 リバースした場合にお互いが全ての手札捨て、5枚ドローする誘発効果を持つ。

 手札を入れ替える効果は様々なコンボに活用できる。

 単純に手札補充という観点では、5枚ドローという他のドローカードに類を見ない枚数を補充できる。
 状況や相手デッキにもよるが、一般的には、自分手札枚数が少なく、相手手札枚数が多いほどカード・アドバンテージを得ることができる。
 《バイサー・ショック》等でフィールド上のカード手札戻した後に、効果発動すれば、壊滅的な打撃を与えることができる。

 手札リセットする際に相手手札捨てさせるが、これは有利にも不利にも働く。
 相手コンボの準備をしている場合、揃えようとしていたカードを捨てさせることで、コンボを潰すことができる。
 だが、暗黒界等の手札捨てることで効果発動するカードがいる場合は、自分フィールドが荒らされ、逆にアドバンテージを失うことになる。
 双方に言えるが、手札を捨てることで墓地アドバンテージが増えるので、《究極時械神セフィロン》等の召喚条件を満たすことができる。

 手札捨てた後に5枚ドローするが、ハンド・アドバンテージを得るとともに、双方のデッキ回転させることになる。
 ドローによってデッキを削ることにもつながる為、【デッキ破壊】にも活用でき、【ライトロード】のとどめを刺すことにも使用できる。
 《神殿を守る者》コンボすることで、相手手札を0枚にし、自分だけ5枚ドローすることも可能である。

 このように優秀なモンスター効果を持つが、リバースさせる必要があるので発動までにタイムラグがある。
 また、事前に手札を減らしておく必要がある関係上、中身がこのカードだと看破されやすく、特に無理矢理手札を伏せたりするとこのカードの存在は筒抜けになってしまう。
 相手ターンを経ると、手札を減らされたり、除去されたりと対処されやすい為、可能な限り自分ターンリバースするプレイングをすると良いだろう。
 《ADチェンジャー》で即座にリバースする、《強制転移》送りつけたこのカード攻撃リバースする等の戦術を駆使したい。

  • 間違えやすいが「ポッ」ではなく「ポッ」である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ「決闘者の王国編」の「闇遊戯vs闇獏良」戦で登場。
    バクラはこれで手札の表遊戯たちの魂が封印されたカードを二度墓地に落とそうとしたものの、遊戯の手札には魂が封印されたカードはなく、失敗に終わった。
    なお、闇獏良が6枚ドローし次の自分ターン通常のドローをしていないシーンがある。
    英語版の「闇マリクvs闇獏良」ではお互い手札にあることが確認できる。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • アニメオリジナル「ドーマ編」では、海馬コーポレーションの建物で実体化していたモンスターの1体である。
  • アニメARC-V1話の看板に笑顔で描かれている。
    デッキ破壊に関する看板であり、「ドロー」よりも「デッキを削る」点に着目しての採用と思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは、カード名が《メタモルポッ》となっていた。
    また、同ゲーム中では効果を持たないモンスターであり、オリジナルのテキストが存在する。
    「壷に近づくと中に潜むモンスターが突然襲ってくる」と書かれている。

関連カード

色違いモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:お互い手札が0枚の時にこのカードの効果発動した場合、ドローすることはできますか?
A:捨てること、ドローすることは別の処理なので捨てない場合でもドローできます。

Q:手札捨てるのとドローをするのは同時ですか?
A:同時ではありません。(12/10/11)


Tag: 《メタモルポット》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星2 地属性 岩石族 攻700 守600

広告