《メテオ・ブラック・ドラゴン/Meteor B. Dragon》

融合モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
「真紅眼の黒竜」+「メテオ・ドラゴン」

 「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」 決闘者伝説 in TOKYO DOME 準優勝賞品で登場した炎属性ドラゴン族融合モンスター
 融合素材《真紅眼の黒竜》《メテオ・ドラゴン》

 融合素材の2体はいずれもドラゴン族通常モンスターのため、それらのサポートカードを利用できる。
 《竜の霊廟》《竜の渓谷》《ダークフレア・ドラゴン》などでデッキから墓地へ送れば《龍の鏡》によって融合召喚できる。
 《召喚師のスキル》サーチでき、聖刻リクルートできるため、《融合》による融合召喚も狙いやすい。

 融合召喚を行った後は、融合素材共々《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《ダイガスタ・エメラル》などによる蘇生が可能となる。
 また、《絶対魔法禁止区域》で厄介な魔法カード効果を遮断することもできる。

 炎属性であるため、《奈落の落とし穴》《火霊術−「紅」》でかわしつつ大ダメージを与えられる。
 《炎王炎環》にも対応し、高攻撃力を活かしやすい。
 ただし、融合素材はどちらも炎属性ではないため、ドラゴン族通常モンスターサポートカードに比べて炎属性サポートカード手札事故に繋がる可能性が高い。

 同じく《真紅眼の黒竜》融合素材とする効果を持たない融合モンスターとして、《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》が存在する。
 こちらは炎属性のため《融合呪印生物−闇》起動効果では特殊召喚できないが、攻撃力はこちらの方が高く、もう一方の融合素材ドラゴン族のためサポートカードを共有しやすい。
 そのため、【真紅眼の黒竜】でも、【闇属性】寄りに構築する場合はあちらに分があるが、属性を気にしない構築であればこちらにも活躍の機会はあるだろう。
 《始祖竜ワイアーム》融合召喚できるが、あちらは場持ちはいいものの単純に攻撃力の高い相手にはあまり適さない。
 使い分けができる事には変わりないので、あちらも採用して状況によってどちらを出すか決めるといいだろう。

 《真紅眼融合》融合召喚できるモンスターの中で最大攻撃力であり、《黒炎弾》ダメージを増やせる。
 さらに《火霊術−「紅」》射出すれば合計7000のダメージを見込める。

 だが現在では自身のリメイクである《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の方が扱いやすく、優先順位が低くなっているのが現状である。
 上記の通り炎属性であることを活かす手もあるが、【真紅眼の黒竜】では闇属性サポートも共有できるあちらの方がいい。
 このカードが勝る《ダイガスタ・エメラル》《絶対魔法禁止区域》に対応する点も優先順位を引っ繰り返すほどのメリットではないのも苦しい。

  • 大会準優勝の賞品であるため、本物は4枚しか存在しない(OCGの大会とゲームの大会のそれぞれで配布された)。
    以降の再録はいずれもレプリカ版である。
  • 原作者・高橋和希氏がデザインしたモンスターであり、ムック「劇場&TVアニメ『遊戯王』スーパー・コンプリートブック」にその画稿が掲載されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    初期のゲームソフトでは融合召喚だけでなく通常召喚も可能であり、「赤黒く燃える隕石体はまわりのものを蒸発させてしまう」というテキストを持つ。

関連カード

リメイクモンスター

融合素材

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《メテオ・ブラック・ドラゴン》 融合モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星8 炎属性 ドラゴン族 攻3500 守2000

広告