《メテオ・ブラック・ドラゴン/Meteor B. Dragon》

融合モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
「真紅眼の黒竜」+「メテオ・ドラゴン」

 「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」 決闘者伝説 in TOKYO DOME 準優勝賞品で登場した炎属性ドラゴン族融合モンスター
 融合素材《真紅眼の黒竜》《メテオ・ドラゴン》

 融合素材の2体はいずれもドラゴン族通常モンスターのため、それらのサポートカードを利用できる。
 《召喚師のスキル》融合素材サーチできる他、《竜の霊廟》《竜の渓谷》などで融合素材墓地へ送れば《龍の鏡》によって墓地融合が可能。
 また、《真紅眼融合》に対応しているので、強烈なデメリットに目をつぶれば、カード1枚で即座に融合召喚できる。
 《真紅眼融合》融合召喚できるモンスターの中で最大の攻撃力を持つため、《黒炎弾》によるダメージも増やせる。

 ただ、全く同じ融合素材融合召喚カードから、このカードリメイクである《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》が出せてしまう。
 あちらは攻撃力が同じで2つのメリット効果を持ち、また融合素材の指定が緩いため低ステータス通常モンスターである《メテオ・ドラゴン》デッキに入れる必要もない。
 基本的には《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》の方が扱いやすいため、このカードの優先順位は低い。

 《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》とは属性が違い炎属性なので、《火霊術−「紅」》で大ダメージを与えられるのはこのカード独自の利点といえる。
 ただし、融合素材およびほとんどのレッドアイズ炎属性ではないため、炎属性サポートカードの搭載は手札事故に繋がる可能性が高い。
 その他には《ダイガスタ・エメラル》《絶対魔法禁止区域》に対応する点、効果モンスターメタが効かない点くらいで、優先順位を引っ繰り返すほどのメリットではない。

  • 大会準優勝の賞品であるため、本物は4枚しか存在しない(OCGの大会とゲームの大会のそれぞれで配布された)。
    以降の再録はいずれもレプリカ版である。
  • 原作者・高橋和希氏がデザインしたモンスターであり、ムック「劇場&TVアニメ『遊戯王』スーパー・コンプリートブック」にその画稿が掲載されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    初期のゲームソフトでは融合召喚だけでなく通常召喚も可能であり、「赤黒く燃える隕石体はまわりのものを蒸発させてしまう」というテキストを持つ。

関連カード

リメイクモンスター

融合素材

収録パック等


Tag: 《メテオ・ブラック・ドラゴン》 融合モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星8 炎属性 ドラゴン族 攻3500 守2000

広告