《ライトロード・サモナー ルミナス/Lumina, Lightsworn Summoner》

効果モンスター
星3/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
自分の墓地のレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 下級ライトロード蘇生する起動効果ライトロード共通の墓地を肥やす誘発効果を持つ。

 (1)は、手札を1枚捨てることで下級ライトロード蘇生する起動効果
 墓地モンスターが貯まりやすいライトロードにマッチした効果であり、1:1交換なのでアドバンテージも失わない。
 《ライトロード・アサシン ライデン》蘇生直後に起動効果墓地を肥やす事ができ、さらに《ライトロード・アーク ミカエル》につなげられるので特に相性がよい。
 他にもレベルライトロードと合わせて《セイクリッド・ヒアデス》エクシーズ召喚し、《セイクリッド・トレミスM7》を重ねるという戦術も取れる。
 同名カード蘇生可能なので、手札に複数種のライトロードがあれば、それらを複数回に分けて墓地へ送る事で《裁きの龍》などを素早く展開できる。

 《ネクロ・ガードナー》《スキル・プリズナー》《エクリプス・ワイバーン》など、墓地にあると有利なカードを活用しやすいのもポイント。
 《魔轟神獣ケルベラル》を捨てれば一気に3体のモンスターが並ぶことになる。
 《魔轟神獣キャシー》《魔轟神獣ガナシア》《魔轟神クルス》を捨てて効果を使ってもいいだろう。
 使い勝手が良く、ミラーマッチでもない限りコントロール奪取が怖くないのも強みである。

 (2)は、ライトロード共通の誘発効果

 ステータスは低く長期間フィールドに留まることは困難なので、戦闘破壊されることを覚悟で(2)の効果墓地を肥やすか、エクストラデッキモンスターの素材にしてしまうのが基本となる。
 《オネスト》《ネクロ・ガードナー》などがあれば維持も可能であり、前者は実際に手札にない場合でも攻撃表示で残す事で牽制にもなる。

 類似効果を持つカードとして、リメイクにあたる《トワイライトロード・シャーマン ルミナス》が存在する。
 あちらはライトロードが1体以上除外済みでなければ発動条件が満たせない一方で、手札コストレベル制限無しでライトロード特殊召喚できる。

  • 日本名の「ルミナス(Luminous)」は「光を発する」「光る」「輝く」「明るい」を意味する形容詞であるため、海外版は表記を変えてある。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王ONLINE DUEL EVOLUTIONではシーズン10(09/05/15)の制限改訂において制限カードに指定されている。
    ライトロードが猛威を振るったため規制が強化された結果である。

関連カード

―《ライトロード・サモナー ルミナス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動コストで捨てたレベル4以下のライトロードと名のついたモンスター墓地からの特殊召喚対象として選択できますか?
A:はい、できます。(08/02/26)

Q:墓地レベル4以下のライトロードと名のついたモンスターが存在しないときに発動し、コスト墓地へ送ったモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、この場合発動することができないのでコスト捨てること自体ができません。(08/03/15)


Tag: 《ライトロード・サモナー ルミナス》 モンスター 星3 光属性 魔法使い族 効果モンスター 攻1000 守1000 ライトロード

広告