《ラッシュ・ウォリアー/Rush Warrior》

効果モンスター
星2/風属性/戦士族/攻 300/守1200
「ラッシュ・ウォリアー」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の「ウォリアー」Sモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターの攻撃力は、
そのダメージ計算時のみ倍になる。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「シンクロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−で登場した風属性戦士族下級モンスター
 自分ウォリアー相手モンスター戦闘を行う際に攻撃力を倍にする誘発即時効果墓地から除外してシンクロンサルベージする起動効果を持つ。

 (1)の効果は、ウォリアーシンクロモンスター相手モンスター戦闘を行うダメージ計算時に自身を手札から墓地へ送ることで、そのモンスター攻撃力ダメージ計算時のみ倍にするもの。
 《スターダスト・ウォリアー》《ロード・ウォリアー》など元々の攻撃力が高いモンスターに使用するほか、戦闘破壊することで効果発動する《ライトニング・ウォリアー》とも相性は良い。
 《ジャンク・ウォリアー》は自身の効果攻撃力を飛躍的に上げることも可能であり、《スクラップ・フィスト》と組み合わせる事で1ターンキルを狙うことができる。

 (2)の効果は、墓地のこのカード除外することで墓地シンクロンモンスター1体をサルベージする効果
 (1)の効果を使用して墓地にいるなら、シンクロ素材としてシンクロン墓地に存在しているわけで、サルベージ対象に困ることは少ない。
 《ジャンク・シンクロン》等の優秀なチューナーだけでなく、チューナー以外の《シンクロン・エクスプローラー》などもサルベージできるので扱いやすい。
 ただし、《戦士の生還》などでサルベージして(1)の効果を再び使うなどの選択肢もあるため、むやみに除外することは避けたい。

 低いステータスレベルのおかげで、リクルーターはもちろん《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》《地獄の暴走召喚》《トゥルース・リインフォース》など対応するサポートは多く、多様な使い方が考えられる。

関連カード

手札から墓地へ送ってモンスター攻撃力を変動させるカード《オネスト》を参照

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果攻撃力がアップしている《ジャンク・ウォリアー》がこのカードの(1)の効果攻撃力が倍になった後で攻撃力が戻る場合、《ジャンク・ウォリアー》攻撃力の数値はどうなりますか?
A:その場合、《ジャンク・ウォリアー》が自身の効果攻撃力がアップする効果適用されなくなり元の数値に戻ります。(14/12/15)


Tag: 《ラッシュ・ウォリアー》 効果モンスター モンスター 星2 風属性 戦士族 攻300 守1200

広告