《ラムーン》

通常モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1200/守1700
月に住む魔法使い。月の持つ魔力で相手を魅了する。

 BOOSTER3で登場した光属性魔法使い族上級モンスター
 第1期に登場した通常モンスター上級モンスターの中では、《サンド・ストーン》《レオ・ウィザード》をも下回る最低の攻撃力を持つ。

 同じ条件でこのカードより攻撃力が低いのは、比較的高い守備力を持つ《メタル・ガーディアン》(1150)と《千年の盾》(0)のみである。
 またステータス合計値も、基準外の《モリンフェン》(2850)と《レオ・ウィザード》(2550)を除き、上級としては最低の合計値(2900)なっている。
 第1期の合計値2900の上級はこのカード以外に《アサシン》《スパイクシードラ》などが存在するが、それらの中でも最低の攻撃力である。

 《セイクリッド・プレアデス》《魔導皇聖 トリス》エクシーズ素材となれる他、《神聖騎士パーシアス》《ライトエンド・ドラゴン》シンクロ召喚する事も可能。
 《簡易融合》で同じ属性種族を持つ《音楽家の帝王》特殊召喚でき、《太陽の神官》《カオスエンドマスター》と共有できるので、戦術にも組み込みやすい。
 ただし属性を活かせないのであれば、同じ種族攻撃力レベル通常モンスターでより高い守備力を持つ《幻想師・ノー・フェイス》を使った方が良いだろう。

  • 真DMでは、《アサシン》との融合によって《進化の繭》に変化する。
    融合前と似ても似つかぬモンスターであり、2体の共通点は、お互いに最低クラスのステータス合計値を持つ上級モンスター、ゲーム作品で通し番号が隣り合わせということ以外には何もなく、極めて特殊な組み合わせである。
    真DMでは《進化の繭》は通常の方法では入手不可であり、ポケットステーションを使わずに図書館に登録させるためにはこの融合を実践をする必要がある。
  • DM2までとそれ以降のGB作品では、異なるイラスト(ドット絵)が使用されている。
    このカードに限らず、DM2までとそれ以降でイラストが変更されている女性モンスターはかなり多く、その多くがOCG寄りの構図や雰囲気に変更されている。

関連カード

色違いモンスター

収録パック等


Tag: 《ラムーン》 通常モンスター モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻1200 守1700

広告