《リミッター・ブレイク/Limiter Overload》

通常罠
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
自分の手札・デッキ・墓地から「スピード・ウォリアー」1体を選んで特殊召喚する。

 デュエリストパック−遊星編−で登場した通常罠
 墓地へ送られた場合に、《スピード・ウォリアー》を1体特殊召喚する効果を持つ。
 《スピード・ウォリアー》専用のリクルート蘇生カードである。

 手札デッキフィールドと、いかなる場所から墓地へ送られた場合でも効果発動する。
 強制効果なので、《ダンディライオン》と同じくコストとして捨てる場合でもタイミングを逃すことなく効果を使う事ができる。
 しかし、このカード単体ではほぼ役に立たないので、基本的にはとしても運用できる《ダンディライオン》が優先される。
 ブラフとしてセットすることで相手除去を誘うこともできるが、攻撃力守備力が共に勝るトークンを生み出せる《黄金の邪神像》が存在している。
 使い方や発動するタイミングもいつも同じとは限らないので、中々の玄人好みなカードと言えるだろう。
 《おろかな副葬》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》ならこのカードデッキから墓地へ送ることで能動的に効果発動することはできる。
 《バージェストマ・マーレラ》でもピンポイントで墓地へ送ることができ、その際に墓地バージェストマ自己再生させれば、《スピード・ウォリアー》とともにエクシーズ召喚が狙える。

 除外以外であればどこからでも特殊召喚可能だが、特殊召喚される《スピード・ウォリアー》ステータスが低い。
 戦闘相手全体除去からの1ターンキルの抑止力としての活躍は期待し難く、《スピード・ウォリアー》効果も活かせない。
 よって、この効果特殊召喚した《スピード・ウォリアー》は、アドバンス召喚シンクロ召喚エクシーズ召喚に使用していきたいところ。

  • 差別化する場合以下のような点が上げられる。

関連カード

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:《王宮のお触れ》《人造人間−サイコ・ショッカー》効果適用されている時に《スピード・ウォリアー》特殊召喚する効果適用されますか?
A:はい、墓地発動する効果ですので無効にされず特殊召喚されます。(08/10/19)

Q:相手墓地に存在する《スピード・ウォリアー》特殊召喚することは可能ですか?
A:できません。(09/11/05)

Q:ダメージステップ、またはダメージ計算時にこのカード墓地へ送られました。
  この場合、このカードの効果発動しますか?
A:はい、発動します。(10/07/05)


Tag: 《リミッター・ブレイク》 通常罠

広告