《リンクロス》

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/サイバース族/攻 900
【リンクマーカー:下】
リンク2以上のリンクモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

 ETERNITY CODEで登場する光属性サイバース族リンクモンスター
 リンク素材にしたリンクモンスターリンクマーカーの数までリンクトークン特殊召喚する効果を持つ。

 リンク素材としたモンスターリンク数が高ければ高いほど生成するリンクトークンの数も増える。
 しかし、発動後はリンクトークンリンク素材に使えなくなるため、それ以外の活用法が求められる。
 コストアドバンス召喚融合召喚シンクロ召喚に利用するのが基本となるか。
 《トークン復活祭》を使えばリンクトークンの数だけ除去が可能。

 《リンクリボー》墓地に置いておけばリンクトークンリリースして自己再生できる。
 このカードと合せて《プロキシー・F・マジシャン》リンク召喚すればリンクトークン融合素材にできる。

 チューナーリクルートできる《水晶機巧−ハリファイバー》とは相性が良い。
 リクルート後にこのカードに変換すれば、チューナーリンクトークンとでレベル2〜5のシンクロ召喚が可能。
 《D・スコープン》守備表示リクルートしたのならばレベル6のシンクロ召喚もできる。

 以下の手順で《水晶機巧−ハリファイバー》から《星杯の神子イヴ》を経由しつつレベルシンクロモンスターシンクロ召喚できる。

  1. 《水晶機巧−ハリファイバー》効果《D・スコープン》リクルートする。
  2. 《水晶機巧−ハリファイバー》リンク素材に《リンクロス》をリンク召喚し、効果リンクトークンを2体生成する。
  3. 《D・スコープン》リンクトークンシンクロ素材《星杯の神子イヴ》シンクロ召喚する。(《星杯の神子イヴ》効果《星遺物の胎導》サーチできる。)
  4. 《星杯の神子イヴ》リンクトークンシンクロ素材《瑚之龍》シンクロ召喚する。
  5. 《星杯の神子イヴ》効果《星杯に選ばれし者》リクルートし、《瑚之龍》《星杯に選ばれし者》シンクロ素材レベルシンクロモンスターシンクロ召喚する。

 《水晶機巧−ハリファイバー》から似た動きができるカードとして《幻獣機アウローラドン》が存在する。
 こちらはリンクトークンリンク素材にできなくなる以外の制限はないが、リンク先が複数必要な場合別途リンク召喚する必要がある。

 アドバンス召喚リリース確保にも適しており、《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》といった召喚権を使わない組み合わせからリンク2を経由すれば3体のリリースが揃う。
 《光帝クライス》で2体を破壊ドローしてもいい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《リンクロス》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 光属性 サイバース族 攻900

広告