《レプティレス・ラミア/Reptilianne Hydra》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/爬虫類族/攻2100/守1500
「レプティレス」と名のついたチューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
相手フィールド上の攻撃力0のモンスターを全て破壊し、
破壊した数だけ自分のデッキからカードをドローする。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した闇属性爬虫類族シンクロモンスター
 相手フィールド上のモンスター破壊し、デッキからカードドローする誘発効果を持つ。

 攻撃力は物足りず、粒揃いのレベルシンクロモンスターの中では頼もしさに欠ける数字である。
 反面、対象を取らずに最大で5体のモンスター破壊して5枚ドローが可能。
 しかし相手に都合よく攻撃力0のモンスターがいることは少なく、効果発動タイミングも「シンクロ召喚に成功した時」と、極めて限定的である。

 効果を活かすには「攻撃力0」のモンスターを複数体用意するため、《墓地墓地の恨み》《おジャマトリオ》とのコンボが基本と言える。
 特に《おジャマトリオ》は手軽に3体のおジャマトークン相手フィールドに生成でき、900ポイントダメージ+3枚ドローとなる。
 この効果発動時に対象を選択しないので、チェーンして《おジャマトリオ》発動すれば、トークンを利用される心配も少ない。
 ただし、《墓地墓地の恨み》と違い相手モンスター自体には何ら影響を及ぼすコンボではないことは留意しておきたい。
 枚数では劣るものの、《レプティレス・ナージャ》効果《強制転移》等による送りつけも手である。

 攻撃力0には《青き眼の乙女》《サイバー・ヴァリー》等が存在し、これらのモンスター除去することができる。
 ただし、《ユベル》やその進化系の《ユベル−Das Abscheulich Ritter》がいる場合、その時点で対処法が無ければシンクロ召喚を控えた方が良い。
 《バトルフェーダー》はタイミング的にメインフェイズ2でのシンクロ召喚になりやすく、遭遇率は高いが発動機会は少ないかもしれない。

  • 「ラミア(ラミアー/Lamia)は、ギリシャ神話に登場する怪物(人物)である。
    海の神ポセイドンの息子ベロスと、その母リビュエとの間にもうけられた娘であり、元々はリビアの女王で、ゼウスに見初められた。
    しかし、このことにゼウスの妻であるヘラが怒り、ゼウスとの間に産まれた子供を全て殺され、この時に「上半身は女性で下半身が蛇の怪物」に変えられた、と言われる。
    ヘラは呪いでラミアの眠りを奪ったが、ゼウスはこれに見兼ねて目を外して眠れるようにしたものの、ラミアは子供を持つ母親を羨んだ挙句、子供を食べるようになった。
    なお、ヘラに生まれてきた子供を喰う呪いをかけられ、その後上半身が女性で下半身が蛇の怪物にされた話や、ヘラに子供を殺された哀しみで怪物と化した話もある。
  • イラストは女性の体が両腕を除いて蛇であり、頭部は5体の蛇と化した女性の顔が5つもある。
    このデザインはギリシャ神話のものではなく、ブリガリアの民話における「ラミア」を元にしたと思われる。
    こちらは切っても切っても生えてくる複数の頭部を持つといわれており、イラストの特徴とも合致する。
    英語名はこのラミアと似た特徴を持っているためか、「ヒドラ(Hydra)」になっている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:破壊ドローの処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(09/09/10)

Q:相手フィールド上に攻撃力0のモンスターが複数体存在する時に《レプティレス・ラミア》の効果発動しました。
  そのうちの1体が何らかの方法で破壊を防いだ場合、残りの破壊したモンスターの数だけドローできますか?
A:はい、破壊できたモンスターの数だけドローします。(10/08/09)


Tag: 《レプティレス・ラミア》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 爬虫類族 攻2100 守1500 レプティレス

広告