《ヴァンパイア・スカージレット/Vampire Scarlet Scourge》

効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2200/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、1000LPを払い、 
「ヴァンパイア・スカージレット」以外の自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合にライフコストを払うことで同名カード以外のヴァンパイア蘇生できる誘発効果、自身が戦闘破壊したモンスターバトルフェイズ終了時に蘇生できる誘発効果を持つ。

 (1)はこのカード召喚特殊召喚時にライフコストを払うことでヴァンパイア蘇生できる効果
 類似効果を持つ《ヴァンパイア・デューク》と違って、特殊召喚時にも蘇生効果発動できるため、発動機会は多い。
 この効果蘇生したモンスター効果無効にならない点を活かし、《ヴァンパイアの使い魔》などの特殊召喚時に効果発動するヴァンパイアを優先的に蘇生させたい。
 また、表示形式の指定も無いのでリンクモンスター《ヴァンパイア・サッカー》蘇生できる。

 ただし、この効果蘇生したモンスターには蘇生したターン攻撃できないデメリットが課させれる。
 蘇生させたモンスターは、そのターンの内にリンク召喚などの素材や《ヴァンパイアの使い魔》などのコストに利用すると良いだろう。
 このカードレベル6なので、この効果レベルヴァンパイア蘇生すれば《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》エクシーズ召喚も可能となる。
 また、《ヴァンパイア・シフト》などを用いて相手ターンにこのカード特殊召喚効果発動すれば、このデメリットを無視できる。

 (2)は同パックで登場した上級ヴァンパイア共通の効果であり、基本的な点は《ヴァンパイア・レッドバロン》を参照。
 このカードの場合は(1)の効果とのシナジーはないが、レベル6のため奪ったモンスターと共に《交血鬼−ヴァンパイア・シェリダン》エクシーズ素材として使用できる。

  • 名前は、英語の「スカージ(Scourge:天罰などの意味)」+「スカーレット(scarlet:黄色がかった赤色)」だろう。

関連カード

イラスト関連

―《ヴァンパイア・スカージレット》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴァンパイア・スカージレット》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻2200 守2200 ヴァンパイア

広告