《ヴァンパイア・デザイア/Vampire's Desire》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルと異なるレベルを持つ「ヴァンパイア」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
対象のモンスターのレベルは、ターン終了時まで墓地へ送ったモンスターと同じになる。
●自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した通常魔法
 ヴァンパイア墓地へ送ってフィールドモンスターレベルを変更する効果か、フィールドモンスター墓地ヴァンパイアを入れ替える効果のどちらかを選択する効果を持つ。

 1つ目はレベル変更とヴァンパイア墓地へ送る効果
 墓地を肥やす目的として見ると自分フィールドモンスターを必要とする発動条件がややネックとなる。
 (カードの種類やカテゴリの有無が異なるので単純比較はできないが)アンデット族にはより広範囲で墓地を肥やせる《ユニゾンビ》などの存在もある。
 基本的に、【ヴァンパイア】ではレベルを5・6に調整してヴァンパイアエクシーズ召喚を補助するのが目的となるだろう。
 《ヴァンパイアの眷属》サーチして発動すれば、簡単にレベル5以上のモンスターを用意できる。

 2つ目の効果ヴァンパイア蘇生効果
 単純に使うとディスアドバンテージとなる上に、アンデット族には《馬頭鬼》など他の蘇生手段も豊富にある。
 墓地へ送るメリットのあるモンスター相手モンスターを利用する事を狙っていきたい。
 幸い、ヴァンパイア相手モンスターコントロール奪取する術は多いため、その状況は作りやすい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

1つ目の効果について

Q:自分フィールド表側表示モンスター対象として1つ目の効果発動しました。
  その発動チェーンして《月の書》発動され、対象対象モンスター裏側守備表示になった場合、効果処理はどうなりますか?
A:効果処理は適用されません。(18/02/23)

Q:《マクロコスモス》の(2)の効果適用されている場合に1つ目の効果発動できますか?
A:《マクロコスモス》の(2)の効果適用されている場合でも、1つ目の効果発動できます。
  しかし、デッキから選んだヴァンパイアモンスター墓地へ送られずに除外されるので、レベルを変更する効果適用されません。(18/02/23)

2つ目の効果について

Q:《マクロコスモス》の(2)の効果適用されている状態で、2つ目の効果発動できますか?
A:《マクロコスモス》の(2)の効果適用されている場合でも、2つ目の効果発動できます。
  しかし、自分フィールドから選んだモンスター墓地へ送られずに除外されるので、墓地ヴァンパイアモンスター特殊召喚する処理は適用されません。(18/02/23)


Tag: 《ヴァンパイア・デザイア》 魔法 通常魔法 ヴァンパイア

広告