《ヴァンパイア帝国(エンパイア)/Vampire Kingdom》

フィールド魔法
フィールド上のアンデット族モンスターの攻撃力は
ダメージ計算時のみ500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、
自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」と名のついた
闇属性モンスター1体を墓地へ送り、
フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。

 SHADOW SPECTERSで登場したフィールド魔法
 アンデット族全体強化する効果ヴァンパイア墓地へ送る事でフィールド上のカード破壊する効果を持つ。

 前半の効果は単純な種族限定全体強化
 ヴァンパイアモンスターはもちろん、《ゴブリンゾンビ》などの効果発動を補助するのにも使える。
 アンデット族汎用性の高いモンスターが少なくデッキを選ぶので、相手強化するリスクも小さく扱いやすい。
 攻撃力が上昇するタイミングが限定されているので、《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》などの攻撃力変化のメタカードの影響も受けにくく、《威圧する魔眼》発動がしづらくなる事もない。
 逆にウイルスカードとはコンボできなくなっている。

 後半の効果は、《ヴァンパイア・ロード》等のデッキ破壊効果除去を追加し、更に墓地を肥やす事もできるので、メリットは多い。
 《ヴァンパイア・ソーサラー》を速やかに墓地へ送る事ができるのは非常に優秀である。
 《ヴァンパイア・グレイス》起動効果除去が行えるカードへと化ける。
 相手ターンでもデッキからカード墓地に送られれば破壊効果を使える為、《Vain−裏切りの嘲笑》《二者一両損》《墓守の使い魔》コンボができる。
 特に《墓守の使い魔》は、相手攻撃宣言した場合に攻撃モンスター破壊できるので、攻撃封印と同じとなる。
 ただし、手札デッキヴァンパイアが無いと効果を使えないため、ヴァンパイアの枚数に気を配る必要がある。

 また、どのような方法で墓地へ送られた場合でも発動できるため、相手に対するメタになり得る。
 特に様々な行動がトリガーになる【ライトロード】にとっては極めて厄介な効果である。

 欠点として、強制効果であるため自分カード破壊してしまうリスクがある。
 場合によっては、《ヴァンパイア・シフト》発動を助けるためにこのカード破壊する、という選択肢もある。

  • 英語名では「Empire(帝国)」ではなく「Kingdom(王国)」になっている。
  • イラストでは、夜のヨーロッパの家々と城が描かれている。
    一見してありふれた西洋の町並みだが、 実はこれがヴァンパイアたちの巣窟だった、ということだろうか。
    中央に描かれている城は、アニメGXでカミューラが使用したフィールド魔法《不死の王国−ヘルヴァニア》の城にそっくりである。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力がアップする効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(13/08/01)

Q:このカード破壊効果強制効果ですか?
A:強制効果です。
 したがってデッキヴァンパイアがない場合も発動し、この場合墓地へ送る処理も破壊の処理も行いません。(13/08/11)
 なおこの際、「デッキヴァンパイアが存在しない」事をどのように確認するかについては、まずはプレイヤー同士で話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/19)

Q:デッキ手札の「ヴァンパイア」と名のついた闇属性モンスター墓地へ送り、カード破壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(13/08/01)

Q:相手《カードガンナー》効果発動した時、このカードはいつ発動しますか?
A:《カードガンナー》から始まる一連の効果処理の後、改めてチェーンブロックを作り発動します。(13/08/11)

Q:《マクロコスモス》フィールド上に存在する時にこのカードの効果デッキから「ヴァンパイア」と名のついた闇属性モンスター墓地へ送る代わりに除外された場合、破壊する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/09/05)


Tag: 《ヴァンパイア帝国》 魔法 フィールド魔法 ヴァンパイア

広告