《ヴェンデット・バスタード/Vendread Battlelord》

儀式・効果モンスター
星7/闇属性/アンデット族/攻2700/守   0
「ヴェンデット」儀式魔法カードにより降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から「ヴェンデット」カード1枚を除外し、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
このターン、相手は宣言した種類のカードの効果を発動できない。
(2):儀式召喚したこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体を手札に加え、
デッキから「ヴェンデット」モンスター1体を墓地へ送る。

 EXTRA PACK 2018で登場した闇属性アンデット族儀式モンスター
 墓地ヴェンデットカードコスト宣言したカードの種類相手発動を1ターンの間封じる起動効果儀式モンスターサーチした上でヴェンデットモンスター墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)は宣言したカードの種類相手発動を1ターンの間封じる効果
 封じられるのは相手だけなので、この効果発動できればその後の行動が安全に行える。
 ただ、このカード儀式召喚及び効果の発動自体が妨害される恐れはある。
 また、ヴェンデットカードしか除外できないので不知火とのコンボは不可能。

 (2)は《リヴェンデット・スレイヤー》の(2)の効果と類似した効果
 こちらはサーチするのが儀式モンスターとなっている。

  • 日本語名に用いられている「バスタード(Bastard)」とは、本来「非嫡出児」を指す英単語。
    しかし、これは古い英語であり、なおかつとても失礼な表現であるため、現在上記の意味でBastardが使われることはほぼない。
    その他には、「雑種」「偽物」という意味があり、このカードの場合はおそらくこのうちのどちらかの意味合いで使われていると思われる。
    また、スラングとしてのBastardには「いやなやつ」という意味があり、今日ではこのスラングとしてのBastardがよく知られている。
  • なお、Bastardは基本的にネガティブな意味を持つ単語であり、相手に少なからず不快感を与える言葉なので、英語圏では使用を避けられることがほとんどである。
    英語名では「Battle/戦い」「lord/主人、支配者」を繋げた名前となっている。

関連カード

―《ヴェンデット・バスタード》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴェンデット・バスタード》 モンスター 効果モンスター 儀式モンスター 星7 闇属性 アンデット族 攻2700 守0 ヴェンデット

広告