《ヴェンデット・ヘルハウンド/Vendread Houndhorde》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻   0/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、手札から「ヴェンデット」カード1枚を捨てて発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTRA PACK 2017で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 ヴェンデット捨てて自身を自己再生できる起動効果ヴェンデット儀式モンスター誘発即時効果魔法・罠除去を付与するルール効果を持つ。

 (1)の効果は、ヴェンデット手札コスト自己再生する効果
 比較的簡単に自己再生できるが、アンデット族には豊富な蘇生手段があるので、この効果に頼らずともフィールドに出すのは容易である。
 この効果を使用する場合は、回収手段も多く墓地から儀式召喚できる《リヴェンデット・スレイヤー》コストにすると良いだろう。

 (2)はヴェンデット儀式モンスター効果を付与する効果
 付与される効果ライフコストが無くなった《コズミック・サイクロン》であり、主な利点はあちらを参照。
 ただ、儀式モンスター効果を付与するには「フィールドのこのカードを使用して儀式召喚」する必要がある点に注意。
 《リヴェンデット・ボーン》墓地からこのカード除外してもヴェンデット儀式モンスター効果は付与されない。

  • 「ヘルハウンド(Hellhound)」はイギリスの伝承に登場する犬の姿をした妖精(ブラックドッグあるいは黒妖犬とも表記される)、もしくはケルベロスを指す。
    イラストでは犬のような存在の群れが描かれているが、眼が多かったり背中から突起が生えていたりと怪物化している。
    • 英語で「Hound」は「猟犬」を、「horde」は「群れ」を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴェンデット・ヘルハウンド》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻0 守2100 ヴェンデット

広告