暗黒(あんこく)のマンティコア/Manticore of Darkness》

効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2300/守1000
このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
自分の手札・フィールド上から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を
墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 暗黒の侵略者で登場した炎属性獣戦士族上級モンスター
 指定されたモンスターコスト自己再生する誘発効果を持つ。

 コストとなるモンスターは限定的だが、コストが続く限り、何度でも蘇生することができる。
 墓地へ送られる手段は問わず、デッキ手札から墓地へ送られても、またエクシーズ素材の状態で消費されても、コストを支払うことで特殊召喚が可能である。

 弱点は、上級モンスターにしては低い攻撃力
 上級モンスターシンクロモンスターとの戦闘では一方的に敗れることが多い。
 守備力も低い為、《月の書》等の表示形式を変更するカードに弱く、種族サポートである《野性解放》効果も活かしにくい。
 《炎舞−「天セン」》などがあれば攻撃力を底上げして戦闘には強くなる。

 コストの関係上、このカードが採用されるデッキは限られる。
 【獣戦士族】等の完全な種族統一デッキの他にも、【ビースト】等にも採用できる。
 やや特殊な構築が必要だが、手札補填を兼ねる《おジャマジック》とのコンボコストを確保することで、何度も蘇生することができる。

  • 「マンティコア(Manticore)」とは、東南アジア〜インドの森林に生息すると言われる怪物である。
    醜悪な人間の老人の顔とライオンの胴体を持ち、歯は3列に並んでいると言う。
    尾の先端の丸い部分には、吹き矢のように飛ばすことのできる毒針を無数に生やしている。
    元々は「究極の戦闘生物」として想像されたもので、人間の知能、百獣の王の身体能力、鳥の飛翔能力、蠍の毒と、おおよそ想像されうる最強の部位が融合させられている。
  • 原作・アニメにおいて―
    米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でアレキサンダー大王の部下が使用。
    城之内の《炎の剣士》の攻撃で倒された。

関連カード

―《暗黒のマンティコア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この自己再生効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい。作ります。

Q:自分フィールド上に裏側表示で存在する獣族獣戦士族鳥獣族モンスター墓地へ送って発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/04/09)

Q:自分フィールド上に永続魔法扱いまたは装備魔法扱いで存在するモンスターカードコストにできますか?
A:いいえ、できません。

Q:エンドフェイズ手札枚数調整でこのカードを捨てたとき、そのエンドフェイズ中に蘇生を行えますか?
A:いいえ、できません。(13/03/30)

Q:《異次元からの埋葬》墓地へ戻したターンエンドフェイズ蘇生効果を使うことはできますか?
A:できません。(10/09/13)

Q:エンドフェイズ時のこのカードの効果発動《天罰》効果無効になった場合、同一のエンドフェイズ時にもう一度効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/09/13)


Tag: 《暗黒のマンティコア》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 獣戦士族 攻2300 守1000

広告