暗黒界(あんこくかい)洗脳(せんのう)/Dark World Brainwashing》

永続罠
(1):自分の手札が3枚以上存在し、相手モンスターの効果が発動した時、
フィールドの「暗黒界」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
対象のモンスターを持ち主の手札に戻し、
その相手の効果は「相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる」となる。

 CODE OF THE DUELISTで登場した永続罠
 相手モンスター効果の発動トリガー暗黒界バウンスし、その効果ハンデスに変換する効果を持つ。

 相手モンスター効果を防ぎつつ、暗黒界の「相手効果手札から墓地へ捨てられた時に発動する効果」を使い、アドバンテージを得られる。
 《暗黒界の尖兵 ベージ》のようなハンデスされた時に特殊召喚できるカードのみを手札に抱えていれば、相手モンスター効果を永続的にハンデスに変えることができる。
 発動条件の関係上狙った効果発動するのは難しいが、《暗黒界の武神 ゴルド》《暗黒界の軍神 シルバ》などと組み合わせればアドバンテージをさらに稼げる。
 発動さえすれば見返りは大きいため、2回目以降は使い難くなるが《バージェストマ・ディノミスクス》《罰則金》などでそれらのカードだけが残るよう手札を調節するのも良いだろう。
 魔法・罠カードを捨てたくないのであれば《砂塵の大竜巻》セットするという手もある。

 うまくはまればかなりのアドバンテージを稼げるカードではあるが、発動条件が厳しい。
 最低でも手札3枚+このカードフィールド暗黒界モンスターと計5枚のカードが必要となる。
 このカード捨てるカードランダムであるため、魔法・罠カードは極力伏せておきたいが、そうすると発動条件を満たすのが難しくなってしまう。
 そのためデュエル後半や劣勢時には腐ってしまう可能性が高く、またこのような状況をうまく整えたとしても、魔法・罠カードでこのカードフィールド暗黒界を先に除去されたり、暗黒界戦闘破壊された場合、効果を使えなくなる。
 このように弱点も多いので採用枚数は考えたい。
 幸いこのカード《暗黒界の術師 スノウ》サーチに対応しているので【暗黒界】ではピン挿しでも問題なく機能するだろう。

関連カード

−「洗脳」と名のついたカードについては《洗脳解除》参照。

効果を変える効果を持つカード《闇の取引》を参照。

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手《XX−セイバー ガトムズ》効果発動した時、チェーンして自分はこのカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(17/04/17)


Tag: 《暗黒界の洗脳》 永続罠 暗黒界

広告