(やみ)のデッキ破壊(はかい)ウイルス/Eradicator Epidemic Virus》

通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、
魔法カードまたは罠カードのどちらかの種類を宣言して発動する。
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード、相手の手札、
相手のターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
宣言した種類のカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−で登場した通常罠
 ウイルスカードの1つであり、魔法・罠カード破壊ピーピング効果を持つ。

 選択するため不確定ではあるが、魔法・罠カードを主軸としたデッキではデュエルの勝敗に影響を及ぼす強烈なメタカードとなる。
 【魔導書】を始め魔法カードに依存したデッキや、例外はあるもののバーンロック特殊勝利を狙うデッキには壊滅的な被害を与えられる。
 逆に【フルモンスター】等のモンスター効果をメインとしたデッキでは、ただのピーピングカードとなってしまいコストの重さも含め有効に働きにくい。

 闇属性を主体とするデッキでは攻撃力2500というコストディスアドバンテージの面が強いものの、出す手段はそれなりに多い。
 【Sin】【ヴェルズ】【デーモン】では、メインで扱うモンスターコストの条件を満たすものが多く、発動を狙いやすい。
 【暗黒界】では《暗黒界の龍神 グラファ》リリースする事で実質ノーコストでの発動が狙え、《墓穴の道連れ》とのシナジーもあり特に強力。
 レベル4を並べられるならば、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》エクシーズ召喚すれば発動できるので採用を検討できるだろう。
 単体では《G・コザッキー》《可変機獣 ガンナードラゴン》等をセットの状態からリリースできる。
 その他、《天狼王 ブルー・セイリオス》炎舞強化できる【3軸炎星】でも発動条件を満たせる。

 足りない打点を強化カードで補うのも有効であり、【闇属性】ならば《ダークゾーン》が候補となる。
 《一族の結束》ならば下級モンスターでの運用も視野に入り、デーモン以外の【悪魔族】でも《伏魔殿−悪魔の迷宮−》強化できる。

 《魔のデッキ破壊ウイルス》同様、発動時には強力なモンスターを失うことになるが、その分与える影響も大きい。
 しかし、召喚後というタイミングのあるモンスターに比べ、魔法・罠カード発動の段階で役割を遂行するカードが多い。
 早い段階での発動が効果的であるため、サクリファイス・エスケープ等を意識するあまりに有効なタイミングを逃してしまわぬよう気をつけたい。

  • 英語名を直訳すると「根絶する流行性ウイルス」となる。
    魔法・罠カードを根絶するという意味だろうが、字面だけ見るとアニメ版オリジナルカードの《完全破壊−ジェノサイド・ウィルス》並に強烈な名前である。
    • 国内では唯一規制を経験していないウイルスカードだが、海外では前述の採用率の上昇・及び決まった際の一方的な展開の多発を考慮してか、13/09/01制限カードに指定されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果適用中に《サイクロン》ドローしました。破壊されるよりも早く《サイクロン》発動できますか?
A:このカードの効果によるドローカードの破壊チェーンブロックを作らないため、速攻魔法発動することができずそのまま破壊されます。

Q:自分手札から《早すぎた埋葬》発動したところ、相手チェーンして《王宮の弾圧》発動しました。
  それにチェーンして自分《王宮の弾圧》対象《サイクロン》発動したところ、相手がさらにこのカードチェーンし、魔法カード宣言しました。
  この場合 《早すぎた埋葬》は破壊されますか?
A:調整中(11/07/23)

Q:自分セット状態の《リビングデッドの呼び声》発動したところ、相手チェーンして《王宮の弾圧》発動しました。
  それにチェーンして自分《王宮の弾圧》対象《サイクロン》発動したところ、相手がさらにこのカードチェーンし、罠カード宣言しました。
  この場合 《リビングデッドの呼び声》破壊されますか?
A:調整中(11/07/23)

広告