(やみ)護封剣(ごふうけん)/Swords of Concealing Light》

永続魔法
このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに破壊される。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターは表示形式を変更できない。

 FLAMING ETERNITYで登場した永続魔法
 相手モンスター全てを裏側守備表示にし、その後の表示形式変更を封印する。

 《光の護封剣》と比較すると発動後に召喚されたモンスター攻撃は防げない。
 しかし、裏側守備表示にし、表示形式の変更を封じられるため、効果モンスター永続効果誘発即時効果を遮断でき、対象を取らないため耐性を持つモンスターが少ないというメリットがある。
 加えてエクシーズ素材シンクロ素材にできないため、相手の行動を制限できる可能性が高い。

 また、《フォトン・ワイバーン》ならばモンスターを複数破壊可能になり、《抹殺の使徒》発動しやすくなる。
 同じ用途であれば相手ターンにも使える《皆既日蝕の書》が存在し、こちらのように《サイクロン》で妨害されることもない。
 自分ターン発動に限り、相手モンスターを一掃できる目途が付いていればドローされるデメリットも帳消しにできる。
 【ゴーストリック】などのこちらの方が相性が良いデッキもあるため、使用デッキによってどちらを採用するかはよく考えたい。

  • 2016年夏の裁定は世界大会2016でこのカードが注目される中で判明した。
    世界大会はTCGのルールで行われるのが通例であるが、この中で上記のようにTCGではこのカードの裁定が日本の慣例と違っていたことが原因で話題となった。
    ちなみに世界大会2016の1回戦でフランス代表の選手がこのカードの裁定をジャッジに確認するシーンがあった。
    TCGでの裁定には特に変更はなかったにも関わらず、代表レベルの選手が確認を求めるほど、海外のプレイヤーにとってもこの裁定は難しいものであったのかもしれない。
  • 登場当初は、後出しのモンスターに対応できない点や、《光の護封剣》より短い持続期間のため評価は低かった。
    しかし、近年では上記の用途により、サイドデッキに搭載されることが多いカードとなっている。
    一方、かつて制限カードに指定されるほどの評価を受けていた《光の護封剣》は、対処のしやすさから採用率がかなり低下している。
    時代の流れで類似カードとの立場が逆転した例である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《ソロモンの律法書》効果で2回目の自分スタンバイフェイズ時をスキップした場合、このカード破壊されますか?
A:いいえ、破壊されず次のスタンバイフェイズ以後もフィールド上に残り続けます。
  ただし、このカードの効果適用されなくなります。(10/05/08)

Q:自分フィールド上に《闇の護封剣》が発動している場合、《太陽の書》相手フィールド上のモンスター対象発動できますか?
A:はい、できます。(10/07/15)

Q:相手フィールド上にモンスタートークンだけ、あるいはモンスターが一体もいないときに発動できますか?
A:モンスタートークンだけの場合でも発動でき、モンスタートークン表示形式は変更されずにそのままになります。(15/08/28)
  相手フィールド上にモンスターがいない場合も発動できます。(12/02/27)

Q:《闇の護封剣》の表示形式の変更をできなくする効果はこのカード発動した後に出された相手フィールド上のモンスターにも適用されますか?
A:《闇の護封剣》を発動した後に召喚特殊召喚されたモンスターも、プレイヤーの意思による表示形式の変更を行う事はできません。(13/08/28)

Q:相手フィールド《青眼の白龍》表側表示で存在している状況で、自分は《闇の護封剣》を発動しました。
  このカードの発動チェーンして相手《リビングデッドの呼び声》発動し、墓地から《白き霊龍》特殊召喚した場合、どのモンスター裏側守備表示になりますか?
A:《闇の護封剣》の(1)の効果は、《闇の護封剣》のカードの発動時の効果処理の際に、相手モンスターゾーン表側表示で存在しているモンスター適用される効果です。
  従って、質問の状況の場合、《青眼の白龍》《白き霊龍》はどちらも裏側守備表示になります。(17/02/25)


Tag: 《闇の護封剣》 魔法 永続魔法

広告