闇黒世界(あんこくせかい)−シャドウ・ディストピア−/Lair of Darkness》

フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスターは闇属性になる。
(2):1ターンに1度、自分がカードの効果を発動するために自分フィールドのモンスターをリリースする場合、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドの闇属性モンスター1体をリリースできる。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動する。
このターンにこのカードが表側表示で存在する状態でリリースされたモンスターの数まで、
ターンプレイヤーのフィールドに「シャドウトークン」(悪魔族・闇・星3・攻/守1000)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−で登場したフィールド魔法
 フィールドモンスター闇属性にする効果カードリリースコスト自分モンスターを使う場合に代わりに相手モンスターを使える効果ターンプレイヤーフィールドシャドウトークン特殊召喚する効果を持つ。

 (1)はフィールドモンスター闇属性にする効果
 (2)の効果のサポートになる他、相手属性指定のカードを妨害できる可能性がある。
 《超融合》ならば相手フィールドモンスター2体で《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合召喚できる。
 《闇霊使いダルク》などの各種闇属性メタカードを採用している場合に併用する手もある。

 (2)はカードリリースコスト自分モンスターを使う場合に代わりに相手モンスターを使える効果
 単純に考えれば、相手モンスターリリースされ、自分リリースするはずのモンスターがそのまま維持されるので、2枚分のアドバンテージになる。
 「効果を受けない」「リリースできない」以外の耐性を無視できる点もメリットである。
 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》等の強固な耐性を持つモンスターに加え、あらかじめこのカード発動してあれば《餅カエル》《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》等の無効効果を持つモンスターまで除去できるのは大きな利点。
 (裁定については対象を取るか否かを除けば《クロス・ソウル》と同様なのでそちらも参照。)
 後述の通り相性の良いカードも多いのでこのカードを軸にしたデッキを構築する事も検討できるが、当然除去された場合の影響も大きいので警戒したい。
 なお、属性を参照できないため、裏側守備表示モンスターリリースはできない。
 また、効果無効になっている場合、あるいは効果無効化される事がわかっている場合でもコストの支払いは行えるため、これを利用して相手モンスター除去可能な事は覚えておきたい。

 (3)はターンプレイヤーフィールドシャドウトークン特殊召喚する効果
 ウイルスカードやこのカードの(2)の効果相手ターンに妨害を行うと相手トークンを与えてしまう。
 相手ターンエンドフェイズに出てくるので、各種素材にされる可能性は低いが、となってしまう。
 1体までなら次の自分ターンリリースしてしまえばよいが、処理手段は用意しておきたい。
 自分ターンエンドフェイズに出るトークンについては、これと言って有効な活用法がないのであれば兼生き残ればラッキーな素材と割り切ってしまうのも手。
 相手ターン《悪魔嬢リリス》などのリリースに使う手もあるが、その場合また相手フィールドトークンが出てくる上、守備表示トークンを処理するためだけにフリーチェーン除去手段を一つ失うのは勿体ない。
 【幻獣機】では使用した分だけトークンが補充され、(2)の効果相手フィールドに出されたトークンも利用できるため相性が良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの(1)と(2)の効果適用されている状態で《闇霊術−「欲」》発動し、相手《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》リリースしようとしています。
  《闇霊術−「欲」》コストリリースを行う行為と、《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》永続効果で500ライフ支払う行為はどちらが先に処理されますか?
A:その場合、500ライフを払ってから《オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン》リリースします。(18/03/10)


Tag: 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》 魔法 フィールド魔法

広告