因幡之白兎(イナバノシロウサギ)/Inaba White Rabbit》

スピリットモンスター
星3/地属性/獣族/攻 700/守 500
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
相手フィールド上にモンスターが存在する場合、
このカードの攻撃は相手プレイヤーへの直接攻撃としなければならない。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した地属性獣族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果直接攻撃を行う永続効果を持つ。

 直接攻撃モンスターの弱点であるステータスの低さがあるものの、エンドフェイズ手札戻るため、低ステータス相手ターンに晒すことはない。
 このことから繰り返し直接攻撃しやすく、他の直接攻撃モンスターよりじっくりとライフポイントを削っていくロックデッキ向けのモンスターと言える。

 短所として、直接攻撃強制効果であり、トークン等の低ステータスモンスター戦闘破壊に使用できない点がある。
 毎ターン手札に戻るため、毎ターン召喚権を使用する必要がある点もデメリットの1つとなっている。
 当然ながら、攻撃を伴うので《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応型罠カードには注意が必要である。

  • モチーフは、オオクニヌシの「嫁取り行」に登場する悪戯者の白ウサギである。
    「鰐ザメの数を数えてやる」と騙して島から島へと渡ったが、騙した事をバラしたことで、怒った鰐ザメ達に皮を剥がされた。
    その後、旅の途中のオオクニヌシに治療法を教わり傷を癒し、嫁取りに協力する。
  • イラストのモチーフは、月で餅つきをする「月の兎」。
    ただし杵と臼はロケットの噴射口などがついた機械的なデザインな上、宇宙人グレイのような瞳をしている。
  • 攻撃の際は、杵についたジェットエンジンで激しく飛び回り、背後から杵で殴打する演出がなされた。

関連カード

―ウサギのモンスター

収録パック等

FAQ

Q:《立ちはだかる強敵》発動された場合、どう処理しますか?
A:このカードは、「相手フィールド上にモンスターが存在する場合、このカード攻撃相手プレイヤーへの直接攻撃としなければならない」効果により攻撃を行うため、《立ちはだかる強敵》発動することができません。(14/10/20)

Q:相手フィールド上にモンスターが存在しこのカード直接攻撃した時に、相手《地縛霊の誘い》発動してモンスター攻撃対象を変更する事ができますか?
A:いいえ、できません。(13/11/07)

Q:《スキルドレイン》効果無効化されている状態でこのカードモンスター攻撃宣言し、そのバトルステップ時に《スキルドレイン》フィールド上から存在しなくなりました。どのように処理しますか?
A:バトルステップの巻き戻しが発生し、直接攻撃するか攻撃を取りやめるかを選択します。(14/07/16)


Tag: 《因幡之白兎》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星3 地属性 獣族 攻700 守500 特殊召喚不可

広告