()きガエル/Poison Draw Frog》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守 100
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが墓地へ送られた時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した水属性水族下級モンスター
 ガエルの1体であり、デッキからカードドローする誘発効果を持つ。

 フィールドから墓地へ送られた時にドローできるため、戦闘破壊されてもアドバンテージを失う事はない。
 しかし、ドロー効果は「時の任意効果」であり、墓地へ送られた時点で処理が終わらなければタイミングを逃す
 よって、墓地に送られる方法を問わないにもかかわらずアドバンス召喚シンクロ召喚コスト全般に対応しないという大きな欠点を抱えている。
 ステータスが非常に低いため、《湿地草原》がないと自爆特攻もしづらく能動性に乏しいのも難点。

 ただ、《シー・ランサー》とは非常に相性が良い。
 魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合も「フィールド上から墓地へ送られた」という条件を満たせるため、《シー・ランサー》装備カードとなって墓地へ送られた場合もドローが可能。
 身代わりにしようが《シー・ランサー》そのものが除去されようが、チェーン1での行為ならば問題なくドローが行える。
 このカードを3枚装備すれば3枚ドローも可能。

 《鬼ガエル》デッキ手札から墓地に送り、《粋カエル》特殊召喚させつつ除外する事で、無駄なく《シー・ランサー》に装備可能な状態にできる。
 同じ事は《魔知ガエル》でも可能だが、この段階でデッキ内のガエルを多く消費する事になるので、後の展開を考慮すればこちらを優先する価値は十分にあると言える。

 ステータスが低いことから送りつけにも適しており、《強制転移》送りつけ戦闘破壊すれば戦闘ダメージに加えドローも可能。

 またレベルは2なので、《餅カエル》エクシーズ素材にすることもできる。
 上記のカードを3枚投入し、それでも足りない場合に《粋カエル》コストとして採用されることもある。
 登場当時は使いものにならないと言われながらも、カードプールの増加によって価値を得たカードの1つと言える。

  • モデルは「ヒキガエル(蟇蛙)」とドローを表す「引き」だろう。
    英語名は「ヤドクガエル(poison arrow frog)」のもじり。
    「アロー」と「ドロー」をかけている。

関連カード

―《引きガエル》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果任意効果ですか?
A:任意効果です。(05/05/26)

Q:このカード生け贄に捧げる事でモンスター召喚したりカードの効果発動したりした場合、このカードの効果発動する事ができますか?
A:墓地へ送られた後、チェーンが残っていたり何らかの処理が入る場合、発動できません。

Q:裏側守備表示の時に攻撃された《引きガエル》が戦闘破壊され墓地へ送られた場合、効果発動できますか?
A:表側表示になり戦闘破壊されるので、発動できます。(13/12/14)

Q:《硫酸のたまった落とし穴》破壊された場合、効果発動できますか?
A:はい、表側表示になってから破壊されますので、効果発動できます。(16/07/02)

Q:裏側守備表示で存在するこのカード《ドリルロイド》効果により破壊されました。
 この場合、このカードの効果発動しますか?
A:発動します。(13/12/15)

Q:装備カード状態のこのカード墓地へ送られた場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/05/31)


Tag: 《引きガエル》 効果モンスター モンスター 星2 水属性 水族 攻100 守100 ガエル

広告