(かげ)のデッキ破壊(はかい)ウイルス/Full Force Virus》

通常罠
(1):自分フィールドの守備力2000以上の闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスター、相手の手札、相手ターンで数えて
3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、
その内の守備力1500以下のモンスターを全て破壊する。

 レイジング・テンペストで登場した通常罠
 第4のウイルスカードであり、他と同じくモンスター破壊ピーピング効果を持つ。

 守備力の高いモンスターが必要になる点、守備力を参照して破壊する点が大きな違いとなる。
 高守備力闇属性下級モンスターにも多く存在しており、リリースに使うならば以下のようなモンスターが扱いやすいか。

  1. 《暗黒界の番兵 レンジ》《異次元トレーナー》
    通常モンスターなので《予想GUY》リクルート可能であり、単体でもとして機能する。
  2. 《D−HERO ディフェンドガイ》
    戦士族HEROなのでサーチが容易で、としても2700ラインまで止まるため信頼性が高い。
  3. 《G・コザッキー》《秒殺の暗殺者》《可変機獣 ガンナードラゴン》
    裏側守備表示セットすればリリースでき、《魔のデッキ破壊ウイルス》などとも共用可能である。
  4. 《墓守の偵察者》
    リバースしてリクルート効果を使った後にリリースしてもモンスターを残すことができる。
  5. 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》等のペンデュラムモンスター
    ペンデュラム召喚により再利用が見込め、《魔のデッキ破壊ウイルス》などとも共用可能である。
  6. 《ブラック・マジシャン》
    こちらも《永遠の魂》により再利用が容易で、《魔のデッキ破壊ウイルス》などとも共用可能。
  7. 《ガーベージ・ロード》《機動要犀 トリケライナー》などの半上級モンスター
  8. 《デストーイ・チェーン・シープ》
    《簡易融合》特殊召喚できる。
  9. 《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》《彼岸の悪鬼 ラビキャント》
    《魔界発現世行きデスガイド》リクルートでき、主に【彼岸】で組み込める。

 エクストラデッキモンスターを利用する手もあり、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》《アクセル・シンクロン》等ならば出しやすい。
 《RR−ラスト・ストリクス》RRエクシーズモンスター出張セットを使っている場合も容易にリリースを確保できる。
 《ゴーストリックの駄天使》ランク3以下のゴーストリックを経由して出せるため、ランク3以下主体のデッキでもリリース確保を狙える。

 守備力1500以下はメインデッキに入るモンスターの多くが該当し、複数破壊できる可能性は高い。
 特殊召喚メタとなる下級モンスター手札誘発効果を持つカードの多くが該当し、これらをまとめて対処できる。
 《魔のデッキ破壊ウイルス》も似た範囲を処理できるが、こちらは《ライオウ》などのアタッカー破壊できる。
 さらに、上級最上級モンスターであっても、《ダーク・アームド・ドラゴン》のように低守備力のものがいるため、アドバンテージに繋がりやすい。
 逆に、《墓守の偵察者》《召喚僧サモンプリースト》と言ったモンスター破壊できず、そのようなモンスターからシンクロモンスターエクシーズモンスターに繋げて状況を打開される危険性はある。
 上級モンスター儀式モンスターが主体のデッキに対しても概ね効果を発揮するが、【古代の機械】【堕天使】などごく一部のデッキには効き目が薄い。

 《魔のデッキ破壊ウイルス》とは環境の仮想敵やデッキリリース要員を用意できるかによって使い分ける事になる。

  • 英語名は「Full Force(全力)」。
    ウィルスの持つイメージとはやや離れたネーミングだが、これは今までのウイルス英語名とアルファベット順に並んでいるのに合わせるためだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《影のデッキ破壊ウイルス》 通常罠

広告