影依の巫女(ノェルシャドール) エリアル》

リバース・効果モンスター
星4/水属性/サイキック族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリバースした場合、
除外されている自分の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合、
お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。

 ストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール−で登場する水属性サイキック族下級リバースモンスター
 リバースした場合にシャドール1体を表側守備表示裏側守備表示帰還する効果カードの効果墓地へ送られた場合にお互い墓地カードを合計3枚まで除外する効果を持つ。

 (1)はリバースした場合にシャドール帰還させる効果
 モンスターが揃うので各種エクストラデッキモンスターへと繋げられる。
 ただ、シャドール墓地にいる方が多いので《シャドール・ファルコン》の方が使い勝手が良い。
 表側表示特殊召喚できるのでリンク召喚へと繋げられることを活かしたい。
 また、あらかじめ除外されたモンスターが必要なので《ダーク・アームド・ドラゴン》《闇の誘惑》等の能動的な除外手段は欲しいところ。

 (2)はお互い墓地を合計3枚まで除外する効果
 相手墓地リソースを削るのはもちろんのこと、自分シャドール除外して《シャドール・ファルコン》等から(1)の効果を狙うのも手。
 ただし、トリガーが必要な誘発効果という関係上、墓地利用効果チェーンして《D.D.クロウ》のように運用することはできない。
 専ら、《超電磁タートル》のような墓地から発動する起動効果誘発効果を持つモンスターや、相手が返しのリソースとして墓地に蓄えた展開用カードを取り除くために使うのが主となるだろう。
 《神の写し身との接触》《堕ち影の蠢き》相手ターン発動できないこともないが、先出しする必要があるため妨害として有効に働くタイミングは限られる。

 メインデッキに入る闇属性以外のシャドールであるため、投入しておけば《影依融合》《エルシャドール・アプカローネ》デッキ融合できる。
 また、シャドールと相性の良い水属性モンスターは多くはないため、《エルシャドール・アノマリリス》を無理なく採用できるようになるこのカードの存在は大きい。

  • 「ノェル」はヘブライ語で「閉じ込められた」「鍵を掛けた」の意味で、ラテン語の「natalis(誕生)」が語源である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《影依の巫女 エリアル》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星4 水属性 サイキック族 攻1000 守1800 シャドール

広告