影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、
それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、
フィールドのカードを1枚選んで破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性機械族特殊召喚モンスター
 自分墓地モンスターが5体以上存在し、それらのカード名が全て異なる場合にのみ特殊召喚できる召喚条件デッキトップから3枚のカード墓地へ送ってフィールドカード1枚を破壊する誘発即時効果を持つ。

 特殊召喚するには墓地モンスターカード名が全て異なる必要がある。
 ハイランダー構築にし、墓地を肥やしやすい構築にすれば、召喚条件は満たしやすい。
 しかし高速化した環境では、キーカードを複数枚積むことでドローしやすくするのがセオリーであり、通常のデッキでは採用しづらい。
 ハイランダー構築でないなら、《妖精伝姫−シラユキ》《転生の予言》などで墓地カードを調整することで召喚条件を満たすことになるだろう。

 (1)は墓地を肥やし墓地の条件により破壊するか決まるフリーチェーン対象をとらない破壊効果
 ハイランダー構築でない限りは効果の成功には運の要素が絡む。
 とはいえデッキ魔法・罠カードが多く残っている場合、同名のモンスター墓地に行く確率は下がる。
 また、墓地へ送るのはコストであり、確認するのは効果解決時なので、コストを払った結果墓地に同名のモンスターが2体になった場合でも、《妖精伝姫−シラユキ》などをチェーンして効果処理の前に墓地を調整すれば破壊は可能である。

  • カード名は静止軌道上の衛星攻撃兵器に、ハイランダーハイドラを掛けたものか。
    また、影星(えいせい)というカード名から、「隠れる」「隠す」という意味の英単語Hideと「大地」を意味する英単語Landを合わせた造語とも掛かっていると思われる。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:既に墓地に同じ名前のモンスターカードが2枚以上あるとき、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動する事自体ができません。(17/04/15)


Tag: 《影星軌道兵器ハイドランダー》 モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター 星8 闇属性 機械族 攻3000 守1500 正規の方法以外で特殊召喚不可

広告