影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー/Orbital Hydralander》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻3000/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地にモンスターが5体以上存在し、
それらのモンスターのカード名が全て異なる場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
自分の墓地のモンスターのカード名が全て異なる場合、
フィールドのカードを1枚選んで破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性機械族特殊召喚モンスター
 自分墓地モンスターが5体以上存在し、それらのカード名が全て異なる場合にのみ特殊召喚できる召喚条件デッキトップから3枚のカード墓地へ送ってフィールドのカード1枚を破壊する誘発即時効果を持つ。

 特殊召喚、および効果の適用を行うには墓地モンスターカード名が全て異なる必要があるため、基本的にハイランダー構築が求められる。
 更に特殊召喚には墓地に5体のモンスターが必要なので、ある程度墓地を肥やしやすい構築が望ましい。
 しかし高速化した環境では、キーカードを複数枚積むことでドローしやすくするのがセオリーであるため、ハイランダー化のデメリットは小さくない。
 魔法・罠カードについては同名カードを積んでも問題ないため、サーチリクルート系の魔法・罠カードを多めに積むと動きやすい。
 罠モンスタートークンを出す魔法カードは、メインデッキモンスターの数を抑えても実質的なモンスター数を確保できる。
 層が厚くハイランダー化の容易な巨大カテゴリにも比較的採用しやすいだろう。
 完全なハイランダーにする事をあきらめ、《妖精伝姫−シラユキ》《転生の予言》などで墓地カードを調整することで召喚条件を満たすこともできる。
 《黒き森のウィッチ》でのサーチに対応しているので、《マスマティシャン》などで《ダンディライオン》墓地に送って《アロマセラフィ−ジャスミン》リンク召喚し、《ローンファイア・ブロッサム》《キラー・トマト》《黒き森のウィッチ》の順でリクルートすればそのまま特殊召喚できる。

 (1)はフリーチェーン墓地肥やし単体除去を行える効果
 制圧力の高いフリーチェーン除去であり、対象をとらない効果なので防がれにくく、更に墓地肥やしまで付随と、除去制圧要員としての性能は申し分ない。

 ハイランダーという特殊な構築が必要となるものの、それに見合っただけの性能を持つモンスターと言えるだろう。

  • 《影星軌道兵器ハイドランダー》自体は、2枚までデッキに入れていても特殊召喚効果の使用のどちらも問題なく行える。
    複数体をフィールドにそろえて運用する事も特に制限はない。
  • カード名は静止軌道上の衛星攻撃兵器に、ハイランダーハイドラを掛けたものか。
    また、影星(えいせい)というカード名から、「隠れる」「隠す」という意味の英単語Hideと「大地」を意味する英単語Landを合わせた造語とも掛かっていると思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:既に墓地に同じ名前のモンスターカードが2枚以上あるとき、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、発動する事自体ができません。(17/04/15)


Tag: 《影星軌道兵器ハイドランダー》 モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター 星8 闇属性 機械族 攻3000 守1500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告