永遠(えいえん)(たましい)/Eternal Soul》

永続罠
「永遠の魂」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下から1つを選択してこの効果を発動できる。
●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。
●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。
(3):表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

 決闘者の栄光−記憶の断片− side:闇遊戯で登場した永続罠
 《ブラック・マジシャン》特殊召喚または専用サポートカードサーチを行う効果《ブラック・マジシャン》相手効果を受けない耐性を授ける効果、自身がフィールドから離れた場合に自分モンスターを全て破壊する効果を持つ。

 (1)の効果《ブラック・マジシャン》特殊召喚か、その専用サポートカードサーチする効果
 対象となるカードは少ないが、ノーコストかつ無条件で、オマケに相手ターンも含めて毎ターン使用できるので、かなり強力である。
 《ブラック・マジシャン》墓地からも特殊召喚できるので、《終末の騎士》《E・HERO プリズマー》《光の霊堂》等で早めに墓地へ送っておきたい。
 特に《E・HERO プリズマー》カード名《ブラック・マジシャン》になるのでサーチ先の《黒・魔・導》《千本ナイフ》をそのまま使用でき、相性はかなり良いと言える。
 このカード自身も《マジシャンズ・ロッド》《黒の魔導陣》サーチできるので安定して展開しやすい。

 蘇生した《ブラック・マジシャン》シンクロ素材エクシーズ素材にしたり、《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》コストにした後、繰り返し蘇生する事が可能。
 さらに《黒の魔導陣》発動していれば、《ブラック・マジシャン》特殊召喚する度に相手フィールドのカード1枚を除外できるため、アドバンテージ面で大きく優位に立てる。

 (2)の効果《ブラック・マジシャン》への耐性付与。
 (1)の効果とかみ合わせが良く、弱点である除外デッキバウンスをある程度防いでくれる。
 《ブラック・マジシャン》攻撃力があまり高くない事から戦闘破壊には弱いが、すぐさま蘇生できるので問題ない。
 ただし、フィールド以外には適用されないので、墓地《ブラック・マジシャン》除外される恐れがあることに注意。

 問題は(3)のデメリットにより、このカードフィールドから離れてしまうと、自分モンスターが全滅してしまう事である。
 しかし維持すればその分アドバンテージを稼げるので、《王者の看破》《閃こう竜 スターダスト》を駆使して全力で守り抜きたい所。
 破壊された時の効果を持つ《呪符竜》《守護神官マハード》で備えるという手もある。
 デッキでは発動しない効果なので、《シャッフル・リボーン》ドローに変換してしまうのも良いだろう。
 《ブラック・マジシャン》からシンクロ召喚エクシーズ召喚しやすい《魔王龍 ベエルゼ》《真紅眼の鋼炎竜》破壊耐性を持つのでそれらとも相性が良い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:表側表示のこのカード手札に戻った場合に(3)の効果発動しますか?
A:はい、その場合手札発動し、(3)の効果の処理が終了した後もこのカード手札に残ったままになります。(15/01/10)

Q:表側表示のこのカードデッキに戻った場合に(3)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/01/10)

Q:このカード発動のみが行われた時にそれにチェーンをして《神の警告》発動できますか?
A:いいえ、発動できず、このカード発動と同一チェーンブロック特殊召喚する効果発動した場合に発動できます。(15/01/10)

Q:相手《超重武者ヌス−10》効果によって自分フィールド表側表示で存在するこのカード破壊され、その後《超重武者ヌス−10》効果でこのカードセットする処理を行われた場合、このカードの(3)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/08/28)


Tag: 《永遠の魂》 永続罠

広告