炎神機(フレイムギア)紫龍(しりゅう)/Pyrotech Mech - Shiryu》

効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻2900/守1800
このカードはモンスター1体をリリースして召喚できる。
この方法で召喚している場合、
自分はエンドフェイズ毎に1000ポイントダメージを受ける。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性炎族最上級モンスター
 1体のリリース召喚できる召喚ルール効果リリース軽減時に毎ターンダメージを受ける誘発効果貫通永続効果を持つ。

 妥協召喚した場合の効果ダメージお互いエンドフェイズに生じるため、貫通効果も利用し素早く攻めたいところである。
 1体のリリース召喚した後に《巨大化》を装備させれば貫通効果と相まって大ダメージを与えることができる。
 元々自身の効果ダメージを受けやすいため、ライフ差も生じやすい。

 また、《炎王炎環》《火口に潜む者》特殊召喚できるため、【炎属性】【炎族】では貫通アタッカーとして採用できる。
 攻撃後に《火霊術−「紅」》射出すれば更なる大ダメージが与えられるため、主軸としてデッキを組むのも良い。
 変わったところでは聖刻リリースしてレベル8の通常ドラゴン族を呼び出し、ランク8のエクシーズ召喚に繋げることもできる。
 【聖刻】においては《光神機−轟龍》と同様妥協召喚することで戦術の幅が広がるので相性はいいと言えるだろう。

 【門前払い光神機】では《門前払い》デメリットを回避できるが、自壊する《光神機−轟龍》と比べるとそれほどシナジーがあるわけではない。
 加えて光神機とは属性種族が異なるため、《閃光を吸い込むマジック・ミラー》《神の居城−ヴァルハラ》といったサポートも受けられない。
 しかし《門前払い》がなくても問題なく維持できため、光神機よりも安定した運用が可能ではある。

 効果ダメージを回避する手段としては《地獄の扉越し銃》攻撃後のメインフェイズ2で《一時休戦》発動する方法がある。
 種族属性シナジーはないものの、《DDD反骨王レオニダス》ならばこのカードデメリット効果特殊召喚でき、以降の効果ダメージも打ち消された状態になる。
 または《マテリアルドラゴン》と並べて回復に変換させるのも手か。

 ただ、火力がそこまで大きいわけでもないので、リリースが必要という点も含め、はじめからこれらとのコンボを狙うのは得策とはいえない。
 あくまで無理のない範囲でそれぞれのカードを組み込みたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において、翔太の最初の手札に存在していたのが確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージを受ける効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、チェーンブロックを作る誘発効果です。(12/11/25)

Q:妥協召喚したこのカード裏側表示になった後に表側表示になったり、《亜空間物質転送装置》効果除外されフィールド上に戻った場合、エンドフェイズ毎にダメージを受けますか?
A:はい、その場合でもダメージを受けます。(12/11/21)

Q:エンドフェイズダメージは、自分エンドフェイズでのみ発動しますか?
A:いいえ、自分エンドフェイズだけでなく相手エンドフェイズにも発動します。(13/02/16)

Q:このカードダメージを受ける効果の発動《光と闇の竜》無効にされた場合、同一エンドフェイズ中に再び効果発動しますか?
A:その場合、同一エンドフェイズ時には再度発動しません。(13/06/07)


Tag: 《炎神機−紫龍》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 炎族 攻2900 守1800

広告