炎霊神(えんれいしん)パイロレクス/Pyrorex the Elemental Lord》

効果モンスター
星8/炎属性/恐竜族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の炎属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、
お互いに破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを受ける。
「炎霊神パイロレクス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがフィールド上から離れた場合、
次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性恐竜族特殊召喚モンスター
 自分墓地炎属性が5体のみという召喚条件特殊召喚に成功した時に相手モンスター破壊してお互いダメージを受ける誘発効果フィールドから離れた場合に次の自分ターンバトルフェイズスキップするルール効果を持つ。

 特殊召喚には炎属性モンスターが5体丁度墓地に必要なため、モンスターの数がオーバーしたら墓地モンスター蘇生除外サルベージする等で調整するのが望ましい。
 特殊召喚条件は重いが、《炎熱伝導場》ラヴァル墓地へ送る等で容易に満たせ、《真炎の爆発》と併せてラッシュをかけられる。
 《UFOタートル》《フレムベル・ヘルドッグ》、同じ恐竜族《ジュラック・ヴェロー》《ジュラック・グアイバ》などリクルート効果を持つ炎属性モンスターとも相性が良い。
 【ジュラック】等では、《生存本能》《魂の解放》《ヴェルズ・サラマンドラ》など《ディノインフィニティ》サポートカードを利用して墓地を調整できる。
 特殊召喚時の効果は自身の召喚条件以外でも発動できるため、《究極進化薬》を利用すれば【恐竜族】でも採用を検討できる。

 除去効果破壊するモンスター表示形式を問わず、効果使用後の攻撃制限もない。
 バーン効果が付属することもあり、除去後の直接攻撃フィニッシャーになる事も多いだろう。
 炎属性であるため、《火霊術−「紅」》による追撃も可能。
 ただしこのバーン効果お互いダメージを受けるものであるため、こちらのライフポイントが少ない劣勢時には発動が難しい事もある。

 1ターンキル向けな効果であり、特殊召喚したターンに勝負を決めてしまえば、フィールドから離れた時に次のターンバトルフェイズスキップされるデメリットを無視できる。
 決めきれなかった場合はエクシーズ素材にするなどしてデメリットを回避したい。

  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において、翔太の最初の手札に存在していたのが確認できる。

関連カード

―類似召喚条件

―効果関連

収録パック等

FAQ

Q:効果の分類は何ですか?
A:特殊召喚時に発動する効果誘発効果バトルフェイズスキップする効果は特定の種別に分類されない効果ルール効果)となります。(13/06/07)

Q:モンスター破壊する処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(12/11/26)

Q:裏側表示モンスター破壊した場合でも元々の攻撃力の半分のダメージを与える処理は行われますか?
A:はい、行われます。(12/11/19)

Q:元々の攻撃力が変化している《ワイトキング》破壊した場合、与える数値はいくつになりますか?
A:その場合でもテキストに記載されている数値を参照にしますので、その場合でも与えるダメージは0になります。(12/11/26)


Tag: 《炎霊神パイロレクス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 恐竜族 攻2800 守2200 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告