()()/Sparks》

通常魔法
相手ライフに200ポイントダメージを与える。

 Vol.1で登場した通常魔法
 初のバーン効果を持つ魔法カード
 使いきりの火力としては最低の数値であり、ネタ以上の価値はないだろう。

  • 200というダメージは一見「火の粉」相応に思われるが、3回当たれば火あぶり、4回当たれば大火事、5回当たれば隕石が直撃したのと同じダメージとなる。
    一体どのような火の粉なのだろうか?
  • コナミのゲーム作品において―
    DM1ではOCGと同じく200ダメージだが、DM2ではなんとダメージ50である。
    これはDM2が「手札は毎ターン5枚まで補充される」というバーン魔法に非常に有利なルールだったためであり、他のバーン魔法もDM1から大幅に弱体化された。
    DM3以降、手札が毎ターン5枚になるルールは消滅したが、DM3・4・7・8でもなぜかダメージ50のままであり、OCG以上に使いづらいカードとなってしまった。
  • 近年のOCG準拠ソフトでは、このカードでとどめを刺すと獲得ポイントが増える「火の粉ボーナス」が存在する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《火の粉》 魔法 通常魔法

広告