火車(かしゃ)/Kasha》

効果モンスター
星8/地属性/アンデット族/攻   ?/守1000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上にアンデット族モンスターが
表側表示で2体以上存在する場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、
フィールド上に存在するこのカード以外のモンスターを全てデッキに戻す。
このカードの攻撃力は、この効果でデッキに戻した
アンデット族モンスターの数×1000ポイントになる。

 Vジャンプ(2008年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した地属性アンデット族特殊召喚モンスター
 アンデット族が複数存在する場合に自身を特殊召喚する召喚条件特殊召喚に成功した時にモンスターデッキ戻す誘発効果を持つ。

 特殊召喚条件として2体以上のアンデット族を必要とするモンスター
 アンデット族蘇生手段が豊富であり、蘇生効果を駆使することで、特殊召喚条件を簡単に整えることができる。
 しかし、特殊召喚条件として並べたモンスターデッキ戻すことになるため、ディスアドバンテージになりやすく、再利用も難しい。
 後半の全体除去効果相手モンスターを2体以上戻すことができればディスアドバンテージを軽減できるが、状況によるのでこのカード特殊召喚するタイミングを見極めた上で展開することが望ましい。

 自身の特殊召喚に成功した時にモンスターデッキ戻す全体除去効果を持つ。
 デッキ戻す全体除去であり、破壊耐性対象耐性を無視でき、《ダンディライオン》等のモンスター効果発動させずに除去できる。
 全体除去後に直接攻撃に成功すれば、大きなダメージを与えることができる。
 《レスキューラビット》によって展開されたアンデット族通常モンスター戻すのも手である。
 帰還によって《馬頭鬼》を使いまわす戦術を用いるのであれば、《レスキューラビット》共々再利用でき、無理も生じにくい。

 デッキに戻したアンデット族の数に比例して自身の攻撃力をアップさせることができるが、自軍のモンスターを大量にデッキ戻すことは戦力ダウンに直結するため、多くの場合は最小の2体に留めておいた方が良いだろう。
 逆にミラーマッチの場合は、デッキへのバウンスに加え、驚異的な攻撃力を得ることができ、蘇生も封じられる。
 ただし、《アンデットワールド》で元々の種族と違うモンスターアンデット族に変更してデッキに戻した場合は、攻撃力アップの枚数にカウントされない。

 守備力が低いことから、《ゴブリンゾンビ》で容易にサーチできる。
 元々の攻撃力が?であることが幸いし、《奈落の落とし穴》では除去されず、特殊召喚無効にされた際の損失はこのカード1枚だけで済む。
 総じて発動条件や消費の多さを考えると、フィニッシャー向きのモンスターであると言える。

  • 「火車」とは、死体を奪うと言い伝えられる日本の妖怪である。
    火を纏った車、あるいは車輪の姿をしているとされるが、江戸時代以降の伝承では化け猫のような姿で描かれることが多い。
    罪人が死ぬと地獄から現れ、その亡骸を奪い去っていくとされ、火車に亡骸を奪われた者の魂は成仏できなくなるという。
    • 効果名(冥界入口)や墓地へ送らない除去(成仏させない)効果であることを踏まえると、モチーフの特徴を意識した効果であると考えられる。
      しかし、死体は善悪に関係無く持ち去られるだけでなく、生者(アンデット族以外)まで持ち去っているため、若干の矛盾が発生している。

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:通常召喚できないのはモンスター効果として扱わない(→効果外テキスト)。
また、自身を特殊召喚する効果は種別のない効果(→召喚ルール効果)、 「モンスターデッキに戻し、自身の攻撃力を変化させる」効果は一連の誘発効果。(12/09/13)

Q:《アンデットワールド》《DNA改造手術》アンデット族になっているモンスターも、攻撃力の上昇にカウントしますか?
A:いいえ、カウントされません。(08/09/20)

Q:この効果デッキに戻した裏側表示アンデット族モンスターはカウントされますか?また、アンデット族を含むか確認できますか?
A:いいえ、カウントされません。また、お互いにセットしてあるモンスターを表にして確認する事はしません。(08/09/20)

Q:このカードの効果でアンデット族融合モンスターシンクロモンスターエクストラデッキに戻した場合も、攻撃力の上昇にカウントしますか?
A:はい、カウントされます。(08/10/02)

Q:《火車》を特殊召喚し、モンスターデッキ戻す効果発動したところ、相手チェーンして《DNA改造手術》発動アンデット族以外の種族宣言されました。
フィールド上でアンデット族でなくなった元がアンデット族モンスターは「デッキに戻したアンデット族」の一枚として数えますか?
A:ご質問の状況にて、フィールド上を離れてデッキに戻るモンスター《DNA改造手術》効果は受けずに、元々の種族であるアンデット族モンスターとしてデッキに戻ります。
したがって、《火車》の攻撃力デッキに戻ったアンデット族モンスターの枚数に応じてアップします。(13/10/05)


Tag: 《火車》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 地属性 アンデット族 攻? 守1000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告