花札衛(カーディアン)雨四光(あめしこう)−/Flower Cardian Lightshower》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター3体
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「花札衛」モンスターは効果では破壊されず、
相手の効果の対象にならない。
(2):相手のドローフェイズに相手が通常のドローをした場合に発動する。
相手に1500ダメージを与える。
(3):相手エンドフェイズに以下の効果から1つを選択して発動する。
●次の自分ターンのドローフェイズをスキップする。
●このカードの効果を次の相手スタンバイフェイズまで無効にする。

 コレクターズパック−閃光の決闘者編−で登場した闇属性戦士族シンクロモンスター
 花札衛耐性を与える永続効果相手通常のドローを行った場合にバーンを行う誘発効果相手エンドフェイズに次の自分ドローフェイズスキップするか自身の効果無効にするかの選択を行う誘発効果を持つ。

 シンクロ召喚を行うにはチューナーを含む合計4体ものモンスターを揃える必要がある。
 しかし、ドロー手札からの展開に特化した性能を持つ【花札衛】では、決して出す事は難しくない。
 チューナー《花札衛−牡丹に蝶−》《花札衛−柳に小野道風−》は自身を含むモンスターレベル2のシンクロ素材として扱えるので、レベルを問わず非チューナーをあと3体並べればシンクロ召喚の準備が整う。
 特に花札衛4体をリクルートできる《花合わせ》を使用すれば、後はチューナーを調達するだけでシンクロ素材が揃う。

 (1)は自分フィールド花札衛破壊効果への耐性相手効果対象にならなくなる耐性を付与する効果
 自身も花札衛であるため耐性を得られ、高いステータスと合わせて場持ちは良い。
 シンクロ素材チューナーを含め4体ものモンスターを要求していることもあり、《強制脱出装置》《奈落の落とし穴》等で除去されないのは非常に大きな強みといえる。

 (2)はダメージ量1500のバーン効果だが、2回以上発動するためには(3)の効果で次の自分ドローフェイズスキップする必要がある。
 「手札1枚をバーンカードに変換する効果」と考えれば、火力効率は並のバーンカードを大きく上回る。
 高耐性アタッカーとして、そして高火力バーンカードとして相手を追い詰める、名実ともに【花札衛】のエースというべきカードである。

 (3)は強制発動する選択式のデメリット
 ドローフェイズスキップしなければ、(1)の耐性と(2)のバーン効果が一時的に無効となってしまう。
 ドローロックは痛いが、どちらも手札1枚分の対価に見合った効果であるため、どちらを選ぶかは状況によって見極めたい。
 同じドローロックを行う《無謀な欲張り》等を重ねて使う事でディスアドバンテージを軽減するなどしたい。
 また、フィニッシャー役として1度だけ使うのであればデメリットも無視できる。

 なお、相手エンドフェイズが来る前にこのカードフィールドから離したり、裏側守備表示にするとドローフェイズスキップは発生しない。
 《ディメンション・ゲート》除外し、次の相手ドローフェイズが来る前に特殊召喚すればリスクなしで使える。
 その他、エンドフェイズ無効にしても《月読命》裏側守備表示に変更し、反転召喚しても効果を再び適用した状態にできる。
 《シンクロキャンセル》で分離し、再シンクロ召喚することでも効果を使える。
 シンクロ素材となっている花札衛モンスターの「特殊召喚時にドローする効果」を発動できるため、素材によっては莫大なアドバンテージを獲得できる。

  • 「雨四光」は花札の役の1つであり、「柳に小野道風」を含む五光札を4枚揃えることで成立する。
    アニメでモンスター効果を得る条件はここからきていると思われる。
  • ちなみに、実際の花札では、「柳に小野道風」以外の光札3枚の組み合わせは自由であるため、「桜に幕」を含んだ3枚でも良い。
    しかしアニメのテキストでは、「桜に幕」を用いるとモンスター効果を得られない。
    なお、素材の制限が緩いので、3枚でも5枚でもシンクロ召喚が成立する。
  • OCGではシンクロ素材は光札でなくとも良く、1点札3枚とでも役が成立する。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    シンクロ・効果モンスター 
    星8/闇属性/戦士族/攻3000/守3000 
    チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上 
    (1):このカードが「花札衛−柳に小野道風−」「花札衛−松に鶴−」 
    「花札衛−芒に月−」「花札衛−桐に鳳凰−」のみをS素材として 
    S召喚に成功した場合、このカードは以下の効果を得る。 
    ●自分はドローフェイズにドローしなくてもよい。 
    ●自分がドローした場合、このカードの効果は無効になる。 
    ●相手がドローした場合、相手に1500ダメージを与える。
    必要なシンクロ素材が少ない代わりに、指定されたモンスターのみを素材にしなければただのバニラになってしまうという欠点があった。
    代わりにバーン効果ドロー以外の条件がないため、カードの効果ドローを多用する相手には強力なメタとなっていた。
    OCGでは、数こそ残れど素材に縛りがなくなり、ドローによるバーンのタイミングが固定された代わりに、素材に関係なく効果を発揮でき、耐性が付与されている点で強化された。
    また、デュエルに影響が出ることは少ないが、アニメ版ではドローできないもののドローフェイズに入るのに対し、OCG版ではドローフェイズそのものがスキップされる仕様となった。
  • 余談だが口上の前半はいわゆる「5・7・5調」になっており、声に出してみて読んでみると実に和風である。

関連カード

―《花札衛−雨四光−》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(3)の効果について

Q:自分フィールドにこのカードが2体存在しています。
  1体が「ドローフェイズスキップする」効果を選択し、その適用後に2体目も「ドローフェイズスキップする」効果を選択する事はできますか?
A:できます。(16/05/28)


Tag: 《花札衛−雨四光−》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻3000 守3000 花札衛

広告