壊獣(かいじゅう)出現記録(しゅつげんきろく)/The Kaiju Files》

永続魔法
(1):手札・墓地から「壊獣」モンスターが特殊召喚される度に
このカードに壊獣カウンターを1つ置く(最大5つまで)。
(2):1ターンに1度、フィールドの「壊獣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、その後、そのコントローラーのフィールドに、
破壊したそのモンスターと元々のカード名が異なる「壊獣」モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する。
(3):壊獣カウンターが3つ以上のこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキから「壊獣の出現記録」以外の「壊獣」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2016で登場した永続魔法
 壊獣カウンターを貯める効果壊獣1体を破壊して壊獣1体をリクルートする効果壊獣1枚をサーチする効果を持つ。

 (1)の効果は、壊獣手札墓地から特殊召喚される度に壊獣カウンター置く効果
 《KYOUTOUウォーターフロント》よりは壊獣カウンターを貯めにくいものの、こちらは永続魔法なので複数枚を同時に存在させることができる。

 (2)の効果は、フィールド壊獣破壊し、そのコントローラーフィールドに別の壊獣リクルートする効果
 どちらかのフィールドに特定の壊獣を存在させたいだけなら、基本的には《KYOUTOUウォーターフロント》で直接サーチ特殊召喚することで事足りる。
 この効果の活用法としては、以下が考えられる。

  1. 《KYOUTOUウォーターフロント》によるサーチができない場合に、手札の適当な壊獣特殊召喚した後に本命の壊獣リクルートする。
  2. 効果を使い攻撃不能となった《怒炎壊獣ドゴラン》を別の壊獣と入れ替え、直接攻撃を狙う。
  3. その他、《多次元壊獣ラディアン》などの効果使用後に別の壊獣リクルート
  4. メインフェイズ2に《海亀壊獣ガメシエル》守備表示自分フィールドに出し、相手ターンでの制圧を狙う。
  5. 守備力の低い壊獣守備表示相手フィールドに出し、攻撃力の低い《海亀壊獣ガメシエル》《粘糸壊獣クモグス》戦闘破壊する。
  6. あらかじめ必要なモンスターを全て展開した後に、《粘糸壊獣クモグス》相手フィールドリクルート
  7. 自分《壊星壊獣ジズキエル》対象にして無効にし、単体除去トリガーにする。
  8. おまけ程度だが、《KYOUTOUウォーターフロント》に追加で壊獣カウンターを貯められる。

 このようにさまざまな活用法が考えられる効果だが、1と8以外はフィールド壊獣カウンターの存在が前提となる。
 前述の通りこのカード壊獣カウンターを貯めにくいため、この効果を最大限活用するには壊獣カウンターを貯めやすい《KYOUTOUウォーターフロント》との併用が望ましい。
 裏を返せば単体での活用法に乏しい効果とも言えるので、採用枚数は吟味が必要である。

 (3)の効果は、3つ以上の壊獣カウンターが乗ったこのカードコスト壊獣魔法・罠カードサーチする効果
 中でも《妨げられた壊獣の眠り》全体除去に加えて壊獣リクルートでき、サーチする価値は高い。
 ただし、(1)(2)2つのメリット効果を持つこのカード自身を失うことになるので、発動すべきかは状況をよく考える必要がある。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《壊獣の出現記録》 魔法 永続魔法 壊獣

広告