戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン)

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、1000LP払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、
お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 除外されているライトロードモンスターが4種類以上の場合に特殊召喚できる召喚条件ライトロードモンスター以外のお互い墓地表側表示除外されているカードデッキ戻す誘発即時効果自分ライトロードモンスター効果発動した場合にデッキの上からカード4枚を墓地へ送る誘発効果を持つ。

 召喚条件としてライトロードモンスターが4種類以上除外されている必要があるが、【ライトロード】と相性の良い《妖精伝姫−シラユキ》を用いれば簡単である。
 この時、《エクリプス・ワイバーン》を同時に除外すれば、《裁きの龍》と同じくサーチも可能。

 (1)はライトロード以外の墓地及び除外されているカードを全てデッキ戻す効果
 デッキ切れを防げる他、《ペロペロケルペロス》などの自身を除外して効果発動するカードを再利用したり、相手蘇生サルベージ帰還などを妨害したりと利便性は高い。
 しかし、墓地にあると効果を使うか使わないままデッキ戻すかの二択になってしまうため、このカードを出す前になるべく使い切っておきたい。
 一応《ネクロ・ガードナー》などフリーチェーン除外できるものであれば、効果を発揮しつつデッキ戻すことができる。
 ライトロードは戻せないが、これは同名カード《裁きの龍》特殊召喚を阻害しないという利点であり、再利用の機会を作れないという難点でもある。
 さらに【ライトロード】同士のミラーマッチだと、妨害が上手く機能しない場合や相手《ネクロ・ガードナー》などを再利用させてしまう場合があり、効果を使いづらくなる点にも注意したい。

関連カード

―《戒めの龍》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《戒めの龍》 モンスター 特殊召喚モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2600 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告