奇跡(きせき)代行者(だいこうしゃ) ジュピター/The Agent of Miracles - Jupiter》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1000
1ターンに1度、自分の墓地に存在する「代行者」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
自分フィールド上に表側表示で存在する天使族・光属性モンスター1体の攻撃力は、
エンドフェイズ時まで800ポイントアップする。
また、フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
1ターンに1度、手札から天使族モンスター1体を捨てる事で、
ゲームから除外されている自分の天使族・光属性モンスター1体を選択して特殊召喚する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−で登場した光属性天使族下級モンスター
 光属性天使族攻撃力強化させる起動効果と、除外された光属性天使族特殊召喚する起動効果を持つ。

 墓地代行者除外することで攻撃力がアップするので、このカード攻撃力は実質2600と扱うこともできる。
 《マスター・ヒュペリオン》とはコストが重複するが、単独で上級モンスターに対処可能。
 特に、上級モンスターの展開を封じる《ヴェルズ・オピオン》を処理できるのは大きい。

 また強化効果は他の光属性天使族にも使用でき、《阿修羅》ならば相手モンスターを一掃することも可能。
 上級モンスターに使用するとほとんどのモンスターに打ち勝てるため、リリース無しで出せる《光神機−桜火》等とも相性がよい。
 攻撃力強化する筆頭はやはり戦闘によるドローを持つ《天空騎士パーシアス》等だろうか。
 強化対象光属性天使族なので《ダーク・ヴァルキリア》《堕天使ゼラート》など同じ天使族でも使用できないモンスターが存在するので注意が必要である。
 除外代行者のみに指定されているため通常の【天使族】では使いにくいが、自身も代行者なのでこのカードを3枚積めば発動は難しくないだろう。

 更に《天空の聖域》があると天使族専用の《D・D・M》に似た効果が使えるようになる。
 1つ目の効果のために除外したモンスターをすぐさま特殊召喚できるようになるので、自身だけでもかなりのシナジーを誇る。
 これにより、《アテナ》による墓地からの展開に加え、【天使族】除外を利用した展開が可能となった。
 一見して前半の除外蘇生は相性が悪そうだが、こちらは手札捨てる効果を持つため、自在に墓地除外手札を入れ替え併用も可能となる。
 このカードから同名カード帰還も可能であり、手札さえ確保できれば複数展開も狙っていける。

 同じく天使族帰還させるカードには《奇跡の光臨》が存在する。
 こちらには発動に特定のカードを要する点、属性縛りが有る点で劣っているので、即効性や除外効果を含む利点で差別化を図っていきたい。
 もちろん両方を採用して除外軸の【天使族】を作成してもいいだろう。

 《極星天ヴァルキュリア》《極神聖帝オーディン》とは非常に強いシナジーを発揮する。
 《極神聖帝オーディン》自己再生効果のために除外された《極星天ヴァルキュリア》をこのカードの効果帰還させる事で、更なるシンクロ召喚を狙える上、そのシンクロ召喚によって墓地へ送られた《極星天ヴァルキュリア》は再び《極神聖帝オーディン》効果コストに使える。
 《極神聖帝オーディン》自己再生では対応できない、《邪帝ガイウス》などの除外に対して《極神聖帝オーディン》自身を帰還させるといった使い方も可能。
 この時、手札コストに別の《極星天ヴァルキュリア》を捨てる事ができたなら、《極神聖帝オーディン》は更にもう1回自己再生できる様になるため、戦線はかなり盤石なものとなる。
 また、このカード自身のレベルが4なので、自身を複数展開したり、《神の居城−ヴァルハラ》《シャインエンジェル》を使ってもう一体レベルモンスターを用意しておけば、帰還させた《極星天ヴァルキュリア》と共に《極神聖帝オーディン》シンクロ素材にも使用できる。

  • 「ジュピター(Jupiter)」とは、木星のこと。
    これは、ローマ神話の主神「ユピテル」から命名されたものである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:光属性天使族攻撃力強化させる効果特殊召喚効果自分メインフェイズ時のみ発動できる効果になりますか?
A:はい、自分メインフェイズ時のみ発動できる起動効果になります。(10/12/11)

Q:特殊召喚効果除外されている光属性天使族モンスター1体を対象を取りますか
A:はい、対象を取ります。(10/12/11)

Q:除外されている光属性天使族モンスター特殊召喚する効果処理時《天空の聖域》表側表示で存在しなくなった場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/12/11)

Q:《マクロコスモス》等が存在しているとき、効果発動コストとして手札から捨て除外されたモンスターをそのまま特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚可能なゲームから除外されている自分天使族光属性モンスターが既に存在している状態ならできます。(11/02/23)

Q:攻撃力を上げる効果対象を取りますか
A:はい、自分フィールド上に表側表示で存在する天使族光属性モンスター1体を、対象に取る効果となります。(12/01/27)

Q:攻撃力がアップする効果処理時対象に選択したモンスター天使族光属性以外の種族属性になった場合、効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(13/06/05)


Tag: 《奇跡の代行者 ジュピター》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1800 守1000 代行者

広告