輝神鳥(きしんちょう)ヴェーヌ》

儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2000
「原初の叫喚」により降臨。
(1):1ターンに1度、手札のモンスター1体を相手に見せ、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、対象のモンスターのレベルは、見せたモンスターと同じになる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の
自分の手札・フィールドのモンスターがリリースされた場合、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。 

 デュエリストフェスティバル2016 プロモーションパックで登場した光属性天使族儀式モンスター
 フィールドモンスター1体のレベル手札モンスター1体と同じにする起動効果自分モンスターリリースされた場合にモンスター1体をサルベージする誘発効果を持つ。

 (1)はレベル変更効果で、主にシンクロ召喚エクシーズ召喚の補助として使う事になる。
 しかし、儀式召喚の性質上、最初からある程度レベルを4・8に絞った構築をするのが普通なので、この効果が必要になる場面は多くない。
 相手モンスターレベルを変えることもできるが、相手ターンに使えない上に1ターンしか持続しないので、シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害にはならない。

 (2)はモンスターリリースされた場合にモンスターサルベージする効果
 しかし、このカード儀式召喚した上で更にリリースを行うことは難しく、活かせる場面はある程度限られる。
 サルベージを目的にしても、発動条件が緩い分《竜姫神サフィラ》の方が使いやすい場合も少なくないだろう。
 こちらを使う場合は、発動条件となるモンスター及びサルベージするモンスターに制限がない点や、エンドフェイズを待たずにその場でサルベージできる点を活かすことになる。

 (1)の効果《聖刻龍−ドラゴンヌート》《青き眼の乙女》を選択し、それらの効果トリガーとする手もある。
 どちらも見せるモンスター特殊召喚するモンスターが同じレベルになるようにする事で、エクシーズ召喚の補助ができる。
 また、前者はレベル6を見せて《ラブラドライドラゴン》特殊召喚すれば、レベル6のチューナーと非チューナーが揃って《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚できる。
 同じ要領で、後者はレベル8のモンスターを見せて対象にする事で、《アルティマヤ・ツィオルキン》だけでなく《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》特殊召喚する事もできる。
 《高等儀式術》があれば《神龍の聖刻印》《青眼の白龍》でこのカード儀式召喚できる他、聖刻ならリリースする手段も多いので(2)の効果も狙いやすい。
 それ以外では《精神汚染》《トラゴエディア》のサポートが可能。

  • 「輝神鳥」の名を持ち、見た目も完全に鳥だが、鳥獣族ではなく天使族である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《輝神鳥ヴェーヌ》 モンスター 効果モンスター 儀式モンスター 星8 光属性 天使族 攻2800 守2000

広告