究極幻神(きゅうきょくげんしん) アルティミトル・ビシバールキン/Phantasmal Lord Ultimitl Bishbaalkin》

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードは効果では破壊されず、
攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。
(2):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。

 PREMIUM PACK 18で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 破壊耐性効果モンスターの数に比例する自己強化効果お互いメインフェイズフィールドに可能な限り同じ数の邪眼神トークン特殊召喚する誘発即時効果を持つ。

 効果外テキストや特殊な召喚条件については類似する《アルティマヤ・ツィオルキン》を参照。
 ただしこちらはレベル8以上のペアを必要とするので、特殊召喚《アルティマヤ・ツィオルキン》以上の難易度となる。

 (1)は効果破壊耐性フィールドモンスターを参照する攻撃力変動効果
 自身も数えるため攻撃力は最低でも1000であり、モンスター戦闘する際は2000以上になる。
 (2)の効果により邪眼神トークンを大量展開できるため、ステータスを8000以上にすることは容易。
 破壊耐性を持つため《ブラック・ホール》などで邪眼神トークンもろとも処理されることはないが、バウンス除外には無力である。

 (2)はお互いフィールド邪眼神トークンで埋め尽くす効果
 邪眼神トークンには何の制約もなく、リリースシンクロ素材などに幅広く使えるが、可能な限り埋まってしまうため展開の邪魔になる。
 ただ特殊召喚するだけではにしかならないため、リンク素材にする、最上級モンスターリリースにする、先にチューナーを並べてシンクロ召喚できるようにしておくなど、有効活用できる手段を揃えておきたい。
 また、相手にも邪眼神トークンを与えてしまう上に守備表示なので相手にとってもになり、加えて発動後は攻撃できず、そのままでは相手ダメージを与えられない。
 このカード貫通効果直接攻撃を付与する、もしくは邪眼神トークン攻撃表示に変更することができれば次の自分ターン1ターンキルも可能になるので、主力にする場合はその様なカードと併用したい。

 モンスターを事前に送りつけておくカード相手フィールドに1体以上のモンスターを出しておいてからこの効果を使い、相手フィールドを埋めつくす手も考えられる。
 《リバイバル・ギフト》とは相性がよく、チューナー蘇生させて召喚条件を満たすと同時に相手ギフト・デモン・トークン2体を送りつけられる。

 邪眼神トークンリンク素材に使うのも手であり、リンク2以下のリンクモンスター経由で《スリーバーストショット・ドラゴン》を出せば相手フィールド邪眼神トークン攻撃して2400の貫通ダメージを与えられる。
 その用途を狙うなら、リンクモンスターを先に出し、このカードメインモンスターゾーンに配置しておきたい。

 相手邪眼神トークンを与えるのはメリットにもデメリットにもなりうる。
 デメリットとしては、相手リンクモンスター上級モンスター儀式召喚のセットを用意できていればこちらからわざわざ素材を与える結果になる。
 ただ、このカードエクストラモンスターゾーンに出せば最大でも5体のトークン相手フィールドに出せ、リンクモンスターを出せないなら完封は可能。
 邪眼神トークン送りつけた後、エクストラデッキからの特殊召喚を封じておけば次のターン相手の行動を大きく制限しやすい。

 同条件では《アルティマヤ・ツィオルキン》を出すことも可能であり、あちらは効果発動後にそのモンスターを使用して即座に攻めに転じたり、相手をけん制できる。
 こちらはロック向きのモンスターであり、状況に応じて使い分けるか、このカードに特化したデッキを組むことが望ましい。

  • 究極神曰く「余そのもの」であるらしく、完全にゴドウィンの精神を支配したためか、このカードを喚び出す時点からデュエル終了時までの台詞はひらがな部分が全てカタカナ表示となっていた。
    また、ゴドウィンの身体の色は変化し、額には眼が浮かび、闇マリクパラドックスの様に、このモンスターの頭の部分と一体化していた。
  • シンクロ召喚時の口上は「決闘(デュエル)ノ地平ニ君臨スル最初ニシテ最後ノ神!!混沌ヲ束ネ姿無キ身ヲ現世ニ映サン!!シンクロ召喚!!《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》!!」。
  • 作者のコメントでは、ラスボスとして《アルティマヤ・ツィオルキン》を出したところ「人型の究極神の石像からなぜが出てくるのか」という指摘が相次いだため、こちらは石像に寄せてデザインしたそうである。
    そのため上半身や顔の辺りは石像に描かれていた姿と似ているのだが、体自体はであり、OCGでも種族はあちらと同じドラゴン族となった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星12 闇属性 ドラゴン族 攻0 守0 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告