究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ)/Ultimate Conductor Tyranno》

特殊召喚・効果モンスター
星10/光属性/恐竜族/攻3500/守3200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の恐竜族モンスター2体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
相手フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。
(2):このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
(3):このカードが守備表示モンスターを攻撃したダメージステップ開始時に発動できる。
相手に1000ダメージを与え、その守備表示モンスターを墓地へ送る。

 ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−で登場した光属性恐竜族特殊召喚モンスター
 墓地恐竜族2体を除外して特殊召喚する召喚条件相手モンスター全てを裏側守備表示にする誘発即時効果全体攻撃を行える永続効果攻撃した守備表示モンスター墓地へ送りダメージを与える誘発効果を持つ。

 墓地恐竜族2体の除外という、かなり緩い召喚条件特殊召喚できる。
 《レスキューラビット》による2体のリクルート《ロストワールド》による墓地肥やし《魂喰いオヴィラプター》《ベビケラサウルス》サーチして《真竜皇リトスアジムD》でそれらを破壊するなど、高速で墓地恐竜族2枚を送り込む方法は多い。
 攻撃力除外枚数に比例する《ディノインフィニティ》とも相性が良い。
 一度召喚条件を満たせば蘇生帰還も可能である。

 (1)は自分モンスター1体を破壊する代わりに、全ての相手モンスター裏側守備表示にする効果
 相手メインフェイズでも発動できるため、起動効果シンクロ召喚エクシーズ召喚リンク召喚の妨害になる他、自身の(3)の効果の補助となる。
 対象を取らず破壊も介さないため耐性を持つモンスターは少なく、妨害手段としての通りがたいへん良い。
 また《ジュラック・グアイバ》《ハイドロゲドン》攻撃の的を用意する役割も兼ねられる。

 恐竜族は展開にそこまで長けた種族ではないので、破壊するモンスターはできれば手札の方を選びたい。
 《ベビケラサウルス》《プチラノドン》破壊すれば恐竜族リクルートが可能であり、召喚した《暗黒プテラ》破壊すれば手札に戻って毎ターン利用できる。
 破壊するモンスター種族属性に制限はないので、破壊された場合に効果発動する炎王などと併用しても良い。

 (2)の効果により、3500という極めて高い攻撃力での全体攻撃が可能。
 相手モンスターを一掃しつつ大きな戦闘ダメージを期待できる。

 (3)の効果により、守備表示モンスター戦闘を行う場合、ダメージ計算する事なく除去バーンを行える。
 自身の他の効果との兼ね合いが良く、(1)の効果で全ての相手モンスター裏側守備表示にした後、(2)の全体攻撃と(3)を併用する事で一掃する事が可能。
 攻撃力で上回る相手や戦闘破壊耐性を持つモンスターも突破でき、このカードの攻撃性能を更に高めている。
 対象をとらず墓地へ送るため、マジェスペクターなどの強固な耐性を持つモンスターもそのほとんどを除去可能。
 ダメージステップ開始時発動するためリバースモンスター効果発動させることなく除去できる。

 軽い召喚条件、(1)の効果による高い妨害能力、3つの効果の兼ね合いによる突破力、そして圧倒的な攻撃力による全体攻撃と、どこを取っても高水準な能力を持っている。
 【恐竜族】の切り札と呼ぶにふさわしい強力なモンスターと言えるだろう。

関連カード

恐獣(ティラノ)モンスター《暗黒恐獣》を参照。

―《究極伝導恐獣》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《究極伝導恐獣》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 恐竜族 攻3500 守3200

広告