究極宝玉陣(きゅうきょくほうぎょくじん)

通常罠
(1):自分の「宝玉獣」モンスターが戦闘で破壊された時に、
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「宝玉獣」カード7種類を1枚ずつ墓地へ送って発動できる。
「究極宝玉神」融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
(2):表側表示の「究極宝玉神」モンスターが相手の効果で自分フィールドから離れた場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地の「宝玉獣」モンスターを任意の数だけ選び、
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場した通常罠
 宝玉獣戦闘破壊された時に宝玉獣7種類を墓地へ送る事で究極宝玉神融合モンスター融合召喚扱いで特殊召喚する効果究極宝玉神モンスター相手効果フィールドから離れた場合に墓地宝玉獣を任意の数だけ永続魔法扱いでフィールド置く効果を持つ。

 (1)の効果は、戦闘破壊トリガーとし、墓地除外以外の場所から宝玉獣7種類を墓地へ送ることで融合召喚扱いの特殊召喚を行う効果
 特殊召喚できるモンスターは現状《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》のみである。
 《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》の(2)の効果を使うには融合召喚する必要があるが、融合素材7体と多く手間がかかる。
 こちらでは実質2枚のみの消費で出せるため、その手間を大きく省ける。
 さらに墓地に7種類の宝玉獣が揃うため、《虹の引力》発動条件《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》特殊召喚条件を満たすこともできる。
 《龍の鏡》を用いる場合の融合素材も揃うため、1体目でリセット効果を使用し、すぐに2体目を出すことも可能。

 欠点としては、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》を使う場合と同様、宝玉獣7種類を使う点。
 全ての宝玉獣を採用する必要があるためデッキの柔軟性が減ってしまう他、1枚しか採用していない宝玉獣が先に墓地へ行ってしまうとこのカード腐ることになる。
 また、宝玉獣サポートの多くはデッキから宝玉獣置く効果を持つのが多く、併用すると動きを阻害しやすい。
 宝玉獣が先に墓地へ落ちてしまったならば《宝玉の恵み》等で回収してフォローしたい。
 上記と同じ理由により、このカードが2枚以上手札に来た場合も腐ってしまう可能性が高い。
 採用枚数は少なめにしておき、《虹の架け橋》サーチするが無難か。
 ただ、《虹の架け橋》でのサーチ後に即座にこちらをセットしても相手には狙いがばれるため、守るカードブラフも併用すべきだろう。

 (2)は究極宝玉神相手効果除去された場合に宝玉獣魔法&罠ゾーン置く効果
 枚数は任意であるため、埋めすぎて手札からの発動に必要なゾーンまで使ってしまうという事態も避けやすい。
 《究極宝玉神 レインボー・オーバー・ドラゴン》ならば単体でも4000、自己強化で最大5800まで攻撃力が上昇するため、戦闘破壊されることは少なく発動条件は満たしやすい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《究極宝玉陣》 通常罠 宝玉

広告