凶悪犯(きょうあくはん)−チョップマン/Chopman the Desperate Outlaw》

効果モンスター
星3/闇属性/アンデット族/攻1100/守 500
このカードが反転召喚に成功した時、
自分の墓地の装備魔法カード1枚をこのカードに装備する事ができる。

 混沌を制す者で登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 墓地装備魔法を自身に装備する誘発効果を持つ。

 相性の良い装備魔法は類似効果を持つ《ザ・キックマン》を参照。

 モンスター効果の発動には反転召喚を必要とするが、守備力が低い。
 そのため、モンスター除去ロック永続カードと組み合わせて行きたい。
 しかし、ロック装備魔法を積まねばならず、積み過ぎては手札事故の要因となる。
 装備魔法には《魔導師の力》を採用したり、《マジカルシルクハット》等でこのカードを守りながら、装備魔法墓地へ送る等の工夫をしていきたい。

 ただし、装備魔法を持ってきたところで、元々の攻撃力が1100のモンスターを活躍させられるかは疑問である。
 同じレベル属性種族で僅かに高い攻撃力を持ち、特殊召喚と言う容易な条件で装備魔法を装備可能な《ザ・キックマン》が存在するのも辛い所。
 《ザ・キックマン》に勝る点は、低い攻撃力を利用し《明鏡止水の心》を装備可能な所か。

  • 額には「I LOVE CHOP」と書かれている。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作「DEATH-T編」において、「猟奇殺人鬼チョップマン」というキャラクターが登場している。
    海馬のしもべとなり、人体を切り刻む凶悪さと怪力で城之内にチェーン・デスマッチを仕掛けてきた。
    その力から圧勝かと思われたが、城之内に手錠の鍵を外され、身動きが取れなくなったところに火を点けられ死亡した。
    このシーンは、《バックファイア》で再現されている。
    一人称は「チョッピー」。
  • なお、両者のデザイン・外見は全く異なり、名前以外に共通する点はない。
    しかしながら、名前の一致と《バックファイア》イラストからみて、意識しているのは間違いないと思われる。
  • 「チョップ」は「たたき切る、ちょん切る、きざむ」等の意味を持ち原作のチョップマンはこの意味だと考えられる。
    もちろん、このカードのように手で行う「チョップ」の意味もある。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において、寄せ集めで組んだ遊星のデッキに投入されているのが確認できる。

関連カード

―《凶悪犯−チョップマン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《凶悪犯−チョップマン》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 アンデット族 攻1100 守500

広告