業炎(ごうえん)のバリア −ファイヤー・フォース−/Blazing Mirror Force》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、
自分はこの効果で破壊したモンスターの
元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した通常罠
 相手攻撃宣言した時に発動でき、相手攻撃表示モンスターを全滅させ自分破壊したモンスター攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受け、その分のダメージ相手にも与える効果を持つ。

 バーン効果がついた《聖なるバリア −ミラーフォース−》だが、自分ダメージを受けてしまうため完全に攻撃を防げているとは言い難い。
 ダメージ自分ライフを超えていれば先に自滅してしまうなどデメリットの方が目立つため、単純な防御カードとしての使い勝手では《聖なるバリア −ミラーフォース−》に劣る。
 また、《聖なるバリア −ミラーフォース−》同様、攻撃反応型罠カード特有の扱いにくさがある。
 単体除去とはいえ、このカードとほぼ同様の除去バーンフリーチェーンでできる《破壊輪》があるのもネック。
 即効性の高い魔法カードフリーチェーンカードより優先してこのカードを採用するかは、良く考えたい。
 一応、《マテリアルドラゴン》《DDD神託王ダルク》等のカード自分フィールドに存在していれば、相手ダメージを与えられない代わりに大幅な自分ライフゲインを行うことはできる。

 ライフ・アドバンテージで優位に立ちやすい【フルバーン】では、一転して相手ダメージを与えつつ攻撃の手を奪える有力な防御手段となりうる。
 このカード発動チェーンして《ナイトメア・デーモンズ》を使えば、自分も3000以上のダメージを受けるが、相手に合計5400以上ものダメージを与える引導火力になる。
 他にも、ペンデュラムモンスター等を中心としたデッキで、「8000近いダメージを安定して叩き出せるが、8000には届かない」といったタイプであればサイドデッキに投入しておく手もある。
 ディスアドバンテージを負わないバーンは貴重なので、2枚目以降の《破壊輪》として使用するのもいいだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《業炎のバリア −ファイヤー・フォース−》 通常罠

広告