銀河騎士(ギャラクシー・ナイト)/Galaxy Knight》

効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2600
(1):自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは
「ギャラクシー」モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で召喚に成功した場合、
自分の墓地の「銀河眼の光子竜」1体を対象として発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンし、
対象のモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 デュエリストパック−カイト編−で登場した光属性戦士族最上級モンスター
 ギャラクシーの1体であり、特定の条件下で妥協召喚ができる召喚ルール効果と、妥協召喚時に攻撃力がダウンし《銀河眼の光子竜》蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)の効果によりリリースなしで召喚できるが、(2)の効果墓地《銀河眼の光子竜》の有無に関わらず攻撃力がダウンしてしまう。(12/09/15)
 そのままでも攻撃力1800のアタッカーとして使用できるが、基本的には《銀河眼の光子竜》蘇生できなければ有効活用はできない。
 したがって、まずは《銀河の魔導師》《銀河遠征》によるサーチリクルートを駆使して、《銀河眼の光子竜》を素早く墓地へ送る工夫が求められる。
 特に《銀河戦士》は、特殊召喚するだけでこのカードサーチ妥協召喚条件のクリアを一度に行える上、手札コスト《銀河眼の光子竜》墓地へ送る事もできるので、併用しない手はないだろう。
 他の妥協召喚条件を満たすカードとしては、《フォトン・スラッシャー》《フォトン・サンクチュアリ》辺りが使いやすいか。

 自身は弱体化《銀河眼の光子竜》守備表示になってしまうので、効果使用後はそのままランク8のエクシーズ召喚に繋げるのが基本となる。
 中でも筆頭は《No.62 銀河眼の光子竜皇》で、《銀河眼の光子竜》エクシーズ素材とする事でデメリットが無くなり、更に《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》《No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン》等にも繋がるため、対応範囲は極めて広い。

 なお、妥協召喚時の弱体化エンドフェイズには元に戻る上に、下級アタッカー程度の攻撃力はあるため、そのまま攻撃するという選択もある。
 蘇生した《銀河眼の光子竜》守備表示になるが、それ以外のデメリットは付与されないため、《ADチェンジャー》等で攻撃表示に変えれば攻撃に参加できる。

  • ZEXALII(セカンド)の「カイトvsV(ブイ)vs蚊忍者」戦でカイトが使用した通常罠《エクスチェンジ・パワー》のイラストに描かれている。

関連カード

―《銀河騎士》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果の分類は何ですか?
A:リリースなしで召喚できる効果は特定の分類を持たない効果召喚ルール効果)です。(13/06/07)

Q:自分フィールド上にフォトントークンのみが存在している場合、このカードリリース無しで召喚することはできますか?
A:はい、可能です。(12/09/17)

Q:《銀河眼の光子竜》墓地に存在しない場合でも、リリース無しで《銀河騎士》召喚できますか?
A:はい、可能です。(12/09/15)

(2)の効果について

Q:効果の分類は何ですか?
A:攻撃力ダウンと《銀河眼の光子竜》特殊召喚を行う効果誘発効果です。(13/06/07)

Q:以下の場合、攻撃力は下がりますか?

A:はい、その場合でも下がります。(12/09/15)

Q:以下の場合、対象に選択した《銀河眼の光子竜》特殊召喚されますか?

A:はい、特殊召喚されます。

Q:特殊召喚する効果解決時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しなくなり攻撃力が1000ポイントダウンできなかった場合、対象に選択した《銀河眼の光子竜》特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(12/09/15)


Tag: 《銀河騎士》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 戦士族 攻2800 守2600 ギャラクシー

広告