剣闘獣(グラディアルビースト)闘器(とうき)ハルバード/Gladiator Beast's Battle Halberd》

装備魔法
「剣闘獣」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターが攻撃を行ったダメージステップ終了時、
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。
装備モンスターが自分フィールド上からデッキに戻る事によって
このカードが墓地へ送られた時、このカードを手札に戻す。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した剣闘獣専用の装備魔法
 装備モンスター攻撃を行ったダメージステップ終了時相手フィールド魔法・罠カード破壊する効果装備モンスターデッキに戻る場合に自身を手札に戻す効果を持つ。

 闘器の1種であり、剣闘獣専用のサポートカード
 装備モンスター《古代の機械工兵》同様の破壊効果を持つようになるが、剣闘獣には発動を制限する効果もなければ耐性もない。
 そのため、発動タイミングであるダメージステップ終了時までに戦闘破壊された場合はもちろん、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の除去にも無意味。
 当然ながら、剣闘獣召喚タイミングでの除去や、このカード自身を除去するカード攻撃そのものを封じるカードにも対抗できないため、わざわざこのカードを採用する意義は薄い。

 そもそも、ダメージステップ終了時まで剣闘獣攻撃が成功しているのならば、その魔法・罠カード除去する必要のないカードだったり、あるいは《安全地帯》のような地雷である可能性が高い。
 フィールド魔法ペンデュラムモンスター等の例外も存在するものの、そういったものは戦闘終了後《剣闘獣ベストロウリィ》《剣闘獣ガイザレス》で容易に除去できる。

 なお破壊効果強制効果なので、相手魔法・罠カード使用していないときに発動してしまうと、自分カード破壊する羽目になる。
 もっとも、一度除去に成功した時点で剣闘獣を入れ替えてしまえば、このカード手札戻るので、攻撃時などの発動相手魔法・罠カードがなくなるような事がなければ、あまり気にする点でもない。

  • 「ハルバード(Halberd)」とは、主に15〜19世紀のヨーロッパで使用された、槍の穂と斧頭(斧刃の反対側には突起がある)を持つ大型槍。
    リーチと扱いやすさに優れる槍と威力に優れる斧を合わせた「いいトコ取り」の武器だが、その分総重量が増加し重心も変化しているため、扱いは難しい。

関連カード

―《剣闘獣の闘器ハルバード》が見られるカード

収録パック等


Tag: 《剣闘獣の闘器ハルバード》 魔法 装備魔法 剣闘獣 闘器

広告