剣闘獣(グラディアルビースト)ディカエリィ/Gladiator Beast Dimacari》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1600/守1200
このカードが「剣闘獣」と名のついたモンスターの効果によって特殊召喚に成功した場合、
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃をする事ができる。
このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードをデッキに戻す事で、
デッキから「剣闘獣ディカエリィ」以外の「剣闘獣」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した地属性獣族下級モンスター
 剣闘獣の一体であり、剣闘獣効果特殊召喚された場合2回攻撃できる永続効果を持つ。
 また、《剣闘獣アレクサンデル》特殊召喚に必要となる。

 攻撃力は低めだが、2回攻撃できる下級モンスターの中では比較的高い。
 しかし、剣闘獣の共通効果による特殊召喚は基本的にバトルフェイズ終了時であり、このカードは次のバトルフェイズまで効果が発揮できない。
 そのため、2回攻撃が本当に必要な状況であるがか見極め難く、また2回攻撃を行う前に除去されることもありうる。
 墓地剣闘獣が存在するのならば《剣闘獣ダリウス》蘇生効果で同じような動きが可能であり、そちらならば《剣闘獣ガイザレス》等の融合素材としても優れている。
 戦闘終了後、すぐにデッキ剣闘獣と交換してしまえば相手ターンに低攻撃力をさらすことはないが、そのためには直前の相手ターンにこのカード特殊召喚する必要がある。

 ただし、《スレイブタイガー》による特殊召喚の場合はメインフェイズ1での特殊召喚が可能なので、こちらの場合はそのターン2回攻撃ができる。
 このカードを使いたいのであれば併用するといいだろう。

 2回攻撃ダメージを与えやすくなるので、強化カードと組み合わせたい。
 上昇値は小さいが、《剣闘獣の底力》《剣闘獣の檻−コロッセウム》等は無理なくその恩恵に与る事ができる。
 《野性解放》ならば《サイバー・ツイン・ドラゴン》並みの破壊力になり、リクルート効果自壊も回避可能。
 また《幻獣の角》との相性も非常に良く、剣闘獣リクルート補助にもなるため、これを利用する型ならばピン挿ししてみるのも面白い。

  • 名前のモデルはおそらく、二本のグラディウスを持って戦った二刀流の剣闘士「ディマカエリ(Dimacari)」だろう。
    2回攻撃効果を持つことが出来るのはそれに合わせてなのかもしれない。
    英語名はまさにそのままになっている。
    姿のモチーフは、バッファロー(水牛)といったところか。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢&権現坂vsBB」戦でBBが使用した永続罠剣闘獣の雄心(ウィルトゥース・オブ・グラディアルビースト)》のイラストに描かれている。

関連カード

―《剣闘獣ディカエリィ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《剣闘獣ディカエリィ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1600 守1200 剣闘獣

広告