見切(みき)りの極意(ごくい)

カウンター罠
(1):相手の墓地のカードと同名のモンスターの効果・魔法・罠カードを相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 EXTREME FORCEで登場したカウンター罠
 相手墓地に存在するカード同名カードモンスター効果魔法・罠カード発動無効にし破壊する効果を持つ。

 同名カードを複数積みし、それを連続でサーチして使うようなデッキは多く、メタとして機能する。
 その一方で、ハイランダーに近いデッキピン挿しでも機能するカード墓地へ送られにくいペンデュラムモンスター等に対しては効果は薄い。
 状況によっては使えることも有るが、制限カードに対しても無力となる。
 環境によって扱いやすさが変わる、サイドデッキ向けのカードと言えるだろう。

 手札誘発墓地へ送られた破壊されたタイミングで発動する効果へのメタカードとしては《透破抜き》が存在する。
 このカードフィールド発動した他の効果にも対応するが、あちらでは対応できた「墓地の自身を除外して発動する効果」は無効にできない点で異なる。

  • 武道などの世界において、相手の動きや構えなどから技や相手の出方などを判断することを「見切り」と言う。
    創作の世界においては、「武を極めたものは、既に一度見た技ならば容易に見切り対応することができる」という扱いをされることが多い。
    このカード効果は「墓地に存在するカード同名カード効果」を「既に一度見た技」に見立て、それを見切っているというイメージなのだろう。
    • 裁定の関係上、墓地発動する(自身を墓地から移動しない)効果墓地に送る手札誘発ならば初見で見切る事ができる。
      もっとも相手の動きを先読みし、それに対応した手を打つのが本来の見切りなので、初見で見切れるのもあながち間違いではない。
  • イラストでは、《伝説の柔術家》が禍々しいオーラを纏いながら青いエネルギー弾を放ち、《マスターモンク》がそれをすんでのところで避けている様子が描かれている。
    おそらく、《伝説の柔術家》の描写はビデオゲーム『ストリートファイター』シリーズをモデルとしているのだろう。
    (シリーズに登場するリュウというキャラは白い道着を着ており、波動拳という青い球状のエネルギーを飛ばす技を持っている)

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《見切りの極意》 カウンター罠

広告