幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ウロング・マグネリング/The Phantom Knights of Wrong Magnetring》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、このカードは以下の効果を持つ効果モンスター(戦士族・闇・星2・攻/守0)となり
モンスターゾーンに攻撃表示で特殊召喚される(罠カードとしては扱わない)。
●このカード及び自分フィールドの表側表示の、
「幻影騎士団」モンスター1体または「ファントム」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 マキシマム・クライシスで登場した通常罠
 相手攻撃無効にして罠モンスターとして自身を特殊召喚する効果自分フィールドの自身と幻影騎士団ファントム1枚をコストに2枚ドローする誘発即時効果を持つ。

 攻撃無効にしつつ特殊召喚できるが、逆にまったく攻撃してこないデッキでは腐ることとなる。

 モンスターとしてはレベル2であり、ランク3の《幻影騎士団ブレイクソード》エクシーズ素材には使えないため、ランク2の《幻影騎士団カースド・ジャベリン》エクシーズ素材にするか、専ら効果の方を使用することになる。
 効果自体は損失なしの2:2交換であり、しかもフリーチェーンであるため扱いやすい。
 相手除去チェーンしたりと有用なタイミングは多岐にわたる。

 ただし、ファントム罠カード効果蘇生された幻影騎士団モンスターや、自己再生した幻影騎士団罠モンスター除外されるためそもそもコストにできない。
 《幻影霧剣》《幻影剣》対象モンスターフィールド離れた場合自壊するためフィールド表側表示で残りにくい。
 相手モンスターに使用されている《幻影霧剣》コストにするとそのモンスターが再び行動可能になってしまう点も気を付けたい。

 特殊召喚する効果にだけ注目して【バージェストマ】に採用するのも良い。
 墓地バージェストマトリガーとなりつつ攻撃を防ぐことができ、バージェストマと共にランク2のエクシーズ素材としても使用できる。

  • 「ウロング(wrong)」とは「間違った、不正な」といった意味を持つ単語である。
    マグネリングはおそらく「マグネット(磁石)」と「リング(指輪)」だろう。
    恐らく後述のアニメ版の装備カードを吸収する効果から命名されたのだろうが、OCG化により効果が変更されたため、効果と関連のない名前になってしまった。

関連カード

ファントムと名のついた永続魔法・永続罠

永続魔法

永続罠

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果モンスターとして特殊召喚された《幻影騎士団ウロング・マグネリング》を《月の書》裏側守備表示にし、その後反転召喚しました。
  《幻影騎士団ウロング・マグネリング》には「この効果特殊召喚された」というテキストがありませんが、反転召喚した後でも『●』以下の効果を持ったままになるのでしょうか?
A:『●』以下の効果を持ったままとなります。(17/01/18)


Tag: 《幻影騎士団ウロング・マグネリング》 通常罠 罠モンスター(効果) 星2 闇属性 戦士族 攻0 守0 幻影騎士団 ファントム

広告