幻銃士(げんじゅうし)/Phantom Skyblaster》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守 800
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
自分フィールドのモンスターの数まで、
自分フィールドに「銃士トークン」(悪魔族・闇・星4・攻/守500)を特殊召喚する。
(2):自分スタンバイフェイズに発動できる。
自分フィールドの「銃士」モンスターの数×300ダメージを相手に与える。
この効果を発動するターン、自分の「銃士」モンスターは攻撃宣言できない。

 デュエリストパック−ヨハン編−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚・反転召喚に成功した時に銃士トークンを生成する誘発効果と、自分スタンバイフェイズ効果ダメージを与える任意の誘発効果を持つ。

 (1)の効果で生成される銃士トークンは、リリース等の制限がないため活用しやすい。
 自身もカウントするため、ただ召喚するだけでも最低1体はモンスタートークンを生み出せる。
 発動条件召喚反転召喚のみで特殊召喚に対応していないのが難点だが、それでも汎用性は十分である。

 《D−HERO Bloo−D》はもちろん、自身を含め悪魔族を複数体用意できるので、《幻魔皇ラビエル》特殊召喚コストにも使える。
 アドバンス召喚の場合は反転召喚から生成して召喚権を残すか、《二重召喚》《連撃の帝王》でサポートしたい。
 シンクロ素材として利用する場合、別途チューナーを用意する以外にも銃士トークンチューナーにできる《ナチュラル・チューン》との相性が良い。
 また、リンク素材ならば生成したトークンをそのまま利用でき、生成した分だけ様々なリンクモンスターに繋げやすくなる。

 それ以外では《エネミーコントローラー》等のリリースコストに充てる、《強制転移》送りつけるといった使い方もできる。
 また、トークンを大量展開できるならば《団結の力》によって1ターンキルに近いダメージを叩き出すことも可能。
 【悪魔族】としては、《冥界流傀儡術》《伏魔殿−悪魔の迷宮−》と相性が良く、除外コストを調達できる。

 (2)の効果は毎ターン銃士の数だけ効果ダメージを与えられるのだが、自分スタンバイフェイズと少々遅い。
 相手ターンを凌ぐ必要や攻撃宣言の放棄を考えると、基本的には【ロックバーン】寄りの構築で狙うことになるだろう。
 メインモンスターゾーンを《幻銃士》3体と銃士トークン2体で埋めることができれば、毎ターン4500とかなりのダメージを与えられる。
 しかし初期ライフポイントの半分以上を削れるとは言え、やはり相手の妨害や盤面を整える手間も考えると、狙う価値があるかは微妙なところ。
 なお、相手の《幻銃士》のコントロールを奪って自分フィールドに5体並べることで7500ダメージを与えられるが、そんな機会はまずないだろう。

  • それから6年後、今度はリンク召喚の導入が発表された際には、やはり同様の理由で市場価格が上昇することとなる。
    そして、今度は本当にトークンリンク素材に使用可能という裁定が下されたことでこのカードの利用価値も上がる事となった。
    新たな召喚方法が登場する度に話題になる稀有なカードである。
  • 海外版でのカード名は《Illusion Brigadier》という名前であった。
    「Brigadier」は「准将」を指す。

関連カード

召喚成功時トークンを生成できるモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚するトークンの数を決定するのはいつですか?
A:効果処理時です。(07/10/21)


Tag: 《幻銃士》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1100 守800 銃士

広告