幻銃士(げんじゅうし)/Phantom Skyblaster》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1100/守 800
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
自分フィールド上に存在するモンスターの数まで自分フィールド上に
「銃士トークン」(悪魔族・闇・星4・攻/守500)を特殊召喚する事ができる。
また、自分のスタンバイフェイズ毎に自分フィールド上に表側表示で存在する
「銃士」と名のついたモンスター1体につき相手ライフに
300ポイントダメージを与える事ができる。
この効果を発動するターン、自分フィールド上に存在する
「銃士」と名のついたモンスターは攻撃宣言をする事ができない。

 デュエリストパック−ヨハン編−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚・反転召喚に成功した時に銃士トークンを生成する誘発効果と、自分スタンバイフェイズ効果ダメージを与える任意の誘発効果を持つ。

 生成するトークンの数は「まで」となっているため、《スケープ・ゴート》等と異なりモンスターカードゾーンの空きに関係なく発動できる。
 自身もカウントするため、ただ召喚するだけでも最低1体はモンスタートークンを生み出せる。
 発動条件召喚反転召喚のみで特殊召喚に対応していないのが難点だが、それでも汎用性は十分である。

 生み出される銃士トークンは、リリース等の制限がないため活用しやすい。
 アドバンス召喚の場合には《二重召喚》《連撃の帝王》が必要になるので、《幻魔皇ラビエル》《D−HERO Bloo−D》《エネミーコントローラー》等の特殊召喚コストに充てるのが有効だろう。
 他にも《強制転移》送りつけたり、チューナー特殊召喚しておいてシンクロモンスターへ繋げるといった動きも悪くない。
 モンスタートークン通常モンスター扱いであるため、《ナチュラル・チューン》銃士トークンチューナーとしても良い。
 また、大量展開できることを利用して《団結の力》によって1ターンキルに近いダメージを叩き出すことも可能。
 【悪魔族】としては、《冥界流傀儡術》《伏魔殿−悪魔の迷宮−》と相性が良く、除外コストを調達できる。

 ダメージを与える効果《光の護封剣》などで攻撃を封じられた際に活用できる。
 毎ターン安定したダメージを与えられるので、【ロックバーン】などでも活躍が見込める。
 複数展開すればダメージは跳ね上がって行くが、特殊召喚ではトークンが生成されないので、《地獄の暴走召喚》とはやや噛み合わせが悪い。
 また、相手の《幻銃士》のコントロールを奪って自分フィールドに5体並べることで7500ダメージを与えられるが、そんな機会はまずないだろう。

  • 海外版でのカード名は《Illusion Brigadier》という名前であった。
    「Brigadier」は「准将」を指す。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚するトークンの数を決定するのはいつですか?
A:効果処理時です。(07/10/21)


Tag: 《幻銃士》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻1100 守800 銃士

広告