幻魔の肖像(デビルズ・ポートレイト)/Fiendish Portrait》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの同名モンスター1体を自分のデッキ・EXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はデッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 IGNITION ASSAULTで登場した通常罠
 対象相手モンスター同名カードデッキエクストラデッキから特殊召喚する効果を持つ。

 デッキエクストラデッキから特殊召喚できるものの、相手モンスター同名カードしか対象にできない。
 ミラーマッチ汎用性の高いモンスターを狙うことになる。
 エクストラデッキに入るモンスターでは《ヴァレルソード・ドラゴン》が採用率が高く、候補となるか。
 発動後は特殊召喚制限がかかるので相手ターン発動するのが望ましいが、除去される恐れもあるため、その対策もしておきたい。

 自分モンスター送りつけて狙うのも手であり、コントロール奪取効果を持つ《ヴァレルロード・ドラゴン》などなら奪い返した上でもう1体のモンスターを奪える。
 自身を送りつけ効果を持つ《寝ガエル》とは相性が良く、リクルートした2体目の《寝ガエル》を再び送りつければ状況によって大量のコントロール奪取を狙える。

 なお召喚条件は無視できないため、召喚条件を持つモンスター特殊召喚できない。

  • 「ポートレイト、ポートレート(portrait)」は「肖像画」「人物像」「生き写し」を意味する。
    イラストにおいても、幻魔とおもわれる悪魔が肖像画のワクから飛び出ている様子が描かれている。

収録パック等


Tag: 《幻魔の肖像》 通常罠

広告