孤高(ここう)格闘家(かくとうか)/Lone Wolf》

永続罠
自分フィールド上に「格闘ねずみ チュー助」「モンク・ファイター」
「マスターモンク」の内1体のみが存在している場合に発動する事ができる。
このモンスター1体は戦闘によっては破壊されず、相手モンスターの効果も受けない。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した永続罠
 テキストに記されたモンスター1体を対象に取って発動し、戦闘破壊耐性モンスター効果への耐性を与える効果を持つ。

 発動条件が面倒な代わりに、モンスター効果戦闘破壊に対する耐性を付与できる。
 あらゆるモンスター効果耐性を持たせるカードはこのカードの他には《ヴェルズ・タナトス》《帝王の凍志》《神竜騎士フェルグラント》程度しか存在しない。
 《レアル・ジェネクス・クロキシアン》などの、破壊を介さない除去にも対応できる。
 できるだけ3体の内最も攻撃的な《マスターモンク》に使いたい。

 このカード罠カードであるため、相手攻撃宣言モンスター効果使用のタイミングまで待ってから発動することで、無駄なく相手の行動を妨害できる。
 相手の行動に対して発動することなく自分ターンが回ってきた場合は、裏側守備表示など厄介そうなモンスター攻撃する直前などに発動したい。
 他のモンスター召喚する直前というタイミングもありである。
 最低でもこのタイミングまでに使わないと、このカードが何の役にも立てずに終わってしまう危険があるのである。
 また、《ゴッドハンド・スマッシュ》と併用すれば攻撃力が上回るモンスター攻撃しても相手だけを一方的に破壊できる。
 反射ダメージは受けるものの、《マスターモンク》ならば連続攻撃によって2体のモンスター破壊できる。
 《ゴッドハンド・スマッシュ》自体が扱いにくいカードではあるのだが、チャンスがあれば狙っていきたいところ。

 このカードがある限り、対象モンスター《E・HERO アブソルートZero》《ブラック・ローズ・ドラゴン》などの全体除去も受けず、魔法・罠カードをどうにかすれば場持ちはよくなる。
 《安全地帯》も併用すればかなりの防御力になる。

関連カード

―類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードを発動した後に対象モンスター破壊された時、このカードも一緒に破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。意味のないカードとしてフィールド上に残り続けます。

Q:自分フィールド上にこのカード以外の魔法・罠カードが存在する時にこのカードを発動する事はできますか?
A:発動できます。テキストの不備であり、モンスターが存在しない場合と読み替えてください。(10/08/29)


Tag: 《孤高の格闘家》 永続罠

広告