光神(こうしん)テテュス/Tethys, Goddess of Light》

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻2400/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分がカードをドローした時、そのカードが天使族モンスターだった場合、
そのカードを相手に見せる事で自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。

 LIMITED EDITION 11で登場した光属性天使族上級モンスター
 ドローした天使族を見せることで追加ドローする誘発効果を持つ。

 天使族《凡骨の意地》内蔵しているモンスターと言える。
 天使族モンスターが続く限りドローができるので、手札に大幅なモンスターアドバンテージを得ることが可能。
 《凡骨の意地》とは違いドローフェイズに限定していないため、メインフェイズ効果によってドローした場合も発動できる。
 天使族である《豊穣のアルテミス》《スケルエンジェル》《天空騎士パーシアス》と相性が良い。
 《打ち出の小槌》《カードトレーダー》等、手札交換カードとのシナジーも抜群で、大幅な手札増強が期待できる。
 また手札から発動する宣告者のためのドロー強化になり、このカード自体もコストになる。
 このように、天使族をメインに据えているデッキでの用途は広い。
 に並ぶ攻撃力なので、場合によっては上級モンスターとしてもアタッカーにもなれる。

 上級モンスターではあるが、《神の居城−ヴァルハラ》により容易に特殊召喚できる。
 いざとなれば《光神化》《地獄の暴走召喚》などを用いればいいのでフィールドに揃えるのは簡単だろう。
 《アテナ》での蘇生《マシュマロン》等場持ちのいいモンスターの存在、除外ギミックがあれば《奇跡の光臨》など、天使族故にサポートは豊富。

  • 「テテュス(Tethys)」とは、ギリシア神話に登場する女神の一人。
    テティス、テーテュースとも呼ばれる。
    オケアノスの妻であり、ウラノスとガイアの間に生まれた娘でもある。
    本来は水関係の神様なのに光属性となっているのは、テテュスが太陽の沈む世界の西の果てに住んでいるためだろうか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(08/01/13)

Q:チェーン2以降でドローした場合、もしくはドロー後に何らかの処理が行われる場合タイミングを逃すことになりますか?
A:任意効果であるためタイミングを逃すことになります。(08/05/29)

Q:「チェーン1:《地割れ》」「チェーン2:《マジック・ジャマー》」とチェーンが積まれました。
  この時、《豊穣のアルテミス》《マジック・ジャマー》の処理時にドローをするわけですが、任意効果ゆえにタイミングを逃すことになりますか?
A:チェーン1の効果が「処理なし」となり、《豊穣のアルテミス》ドローチェーン処理が終わるため、タイミングを逃すことにはなりません。
  よってドローは可能です。(08/01/30)

Q:ダメージステップ中に発生したドロー効果によって天使族モンスタードローした場合、効果発動できますか?
A:はい、効果発動できます。(08/01/13)

Q:複数枚ドローした中に天使族モンスターが含まれていた場合、効果発動できますか?
A:はい、ドローした中の天使族モンスター1枚だけを見せることで発動できます。(08/01/14)

Q:相手天使族モンスターを見せるのはこの効果コストですか?
A:はい、コストです。(08/01/14)

Q:効果の処理時にこのカードが表側表示で存在しない場合この効果不発ですか?
A:はい、不発となります。(08/01/14)

Q:カードの効果によって《ワタポン》ドローした場合、このカード《ワタポン》効果はどのように処理しますか?
A:カードの効果によって天使族モンスターである《ワタポン》ドローした場合、このカード《ワタポン》のそれぞれの効果を、チェーンブロックに乗せて発動する事ができます。(09/01/20)

Q: 《カードカー・D》効果で2枚ドローし、その中に天使族モンスターが含まれていた場合、効果発動することはできますか?
A: できません。(12/02/22)

広告