剛鬼(ごうき)ザ・ジャイアント・オーガ/Gouki The Giant Ogre》

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/戦士族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/右下】
「剛鬼」モンスター3体以上
(1):フィールドのこのカードは、戦闘では破壊されず、
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手モンスターの発動した効果を受けない。
(2):フィールドのこのカードまたはこのカードのリンク先のモンスターを
対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にする。
(3):1ターンに1度、このカードの攻撃力が元々の攻撃力と異なる場合に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 戦闘では破壊されず、自身よりも攻撃力の低いモンスター発動した効果受けない永続効果、自身またはリンク先モンスター対象とする効果無効にして自身を弱体化させる誘発即時効果、自身の攻撃力が変化している場合に自己強化する誘発即時効果を持つ。

 リンク素材剛鬼モンスター3体以上が指定されており、一見重いモンスターに見える。
 しかし、【剛鬼】ではリンク2の剛鬼リンク召喚した後に《剛鬼再戦》サーチして剛鬼2体を蘇生すればリンク素材を揃えることができるため、比較的アクセスしやすい。
 この場合、《ヴァレルロード・ドラゴン》《ヴァレルソード・ドラゴン》などもリンク召喚可能なため、状況によって使い分けると良いだろう。

 (1)は戦闘破壊耐性攻撃力に依存するモンスター効果への耐性
 《剛鬼ツイストコブラ》などで攻撃力を上げれば、(3)と合わせて耐性の範囲が広がる。
 (2)の効果により対象を取る魔法・罠カードにも強いが、対象を取らない魔法・罠カードには無力なので過信は禁物。

 (2)は弱体化と引き換えに自身及びリンク先モンスター対象とする効果無効にする効果
 除外バウンスによる除去対象を取る場合が多いので、それらに対処しやすいのは大きな利点となる。
 回数制限はないが、乱発しすぎると(1)の耐性の範囲が狭くなってしまうので、自身以外が狙われた時はマストカウンターの見極めが重要となる。
 なお、2回までなら(3)で攻撃力を取り返すことはできる。

 (3)は特定条件下での自己強化
 (2)による弱体化を打ち消すのみならず、剛鬼には攻撃力を上げる効果も多く能動的に発動して打点を高めることも容易である。
 上昇値が1000と高いため、積極的に狙いに行きたい。

  • カード名の由来はフランス人巨漢レスラー「アンドレ・ザ・ジャイアント」か、日本を代表するプロレスラー「ジャイアント馬場」と思われる。
    どちらも2mを超える長身レスラーであり、このカード剛鬼の中で圧倒的な体躯を誇る。
    • カード名は「ザ」が付くため前者に近いが、その姿やアニメ登場時の動作は後者に近い。
      どちらか一方と言うより、双方をモデルにしているのかもしれない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:攻撃力500のこのカード対象相手《ドラグニティナイト−アスカロン》の(1)の効果発動し、チェーンして自分がこのカードの(2)の効果発動し、さらにチェーンしてこのカード対象相手《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》の(2)の効果発動した時、自分はさらにチェーンしてこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(19/04/15)

Q:《あまのじゃくの呪い》効果適用された攻撃力3000のこのカード対象相手《ドラグニティナイト−アスカロン》の(1)の効果発動した時、自分チェーンしてこのカードの(2)の効果発動できますか?
  発動できる場合、さらにチェーンしてこのカード対象相手《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》の(2)の効果発動した時、自分はさらにチェーンしてこのカードの(2)の効果発動できますか?
A:調整中。(19/04/15)


Tag: 《剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク4 地属性 戦士族 攻3000 剛鬼

広告