黒羽(くろはね)宝札(ほうさつ)/Cards for Black Feathers》

通常魔法
手札の「BF」と名のついたモンスター1体をゲームから除外して発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。
「黒羽の宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。

 THE SHINING DARKNESSで登場した通常魔法
 BF専用の手札交換カード

 除外するタイミングは違うものの、BFがほとんど闇属性であることを考えると、《闇の誘惑》下位互換である。
 よって、このカード《闇の誘惑》を可能な限り採用してまだ足りない場合にのみ入れることになる。
 しかし特殊召喚を封じる制約の都合上、大量展開の起点とする事は不可能である。
 1ターンに1枚しか発動できないため、手札交換としての速攻性にも劣る。

 カード・アドバンテージを失わない手札交換の1つには違いない。
 だが、その場合でも似たようなデメリットコストを必要としない《強欲で謙虚な壺》もあるため優先順位は落ちる。
 それらのカードをフル投入してもまだ物足りないと思う場合や、《闇次元の解放》等も投入するデッキなら、採用する余地はある。

  • BF英語名が「Blackwing」ということもあってか、「BF」と名のついていないこのカード英語名は「Black Feather」になっている。
    英語圏では「Wing」は「翼」、「Feather」は「翼から抜けた羽根」と明確に単語で分けられており、このカードイラストが「抜け落ちた羽根」なのも「Feather」が使われている理由だろう。
  • OCGでは黒羽の部分は「くろはね」と読むが、アニメではクロウは「くろばね」と言っていた。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《黒羽の宝札》にチェーンして《精霊の鏡》発動することはできますか?
  また、できたら、特殊召喚ができなくなるのはどのプレイヤーで、《黒羽の宝札》を発動したプレイヤーはもう一枚《黒羽の宝札》を発動するのが可能になりますか?
A:はい、発動できます。
  その場合特殊召喚できなくなるのは《黒羽の宝札》発動したプレイヤーで、そのプレイヤーは2枚目の《黒羽の宝札》発動できません。(10/07/14)

Q:このカード発動したターン中に特殊召喚を行わないカード《未来融合−フューチャー・フュージョン》)を発動することは可能ですか?
A:はい、発動できます。(10/12/23)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》効果でこのカード発動した場合、どうなりますか?
  (そのターン特殊召喚同名カード発動)
A:特殊召喚および《黒羽の宝札》の発動は可能です。(10/08/13)


Tag: 《黒羽の宝札》 魔法 通常魔法

広告